--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/07/27 (Wed) 08.12月28日(日)~09.1月2日(金)

名前:aiko 日付:12月28日(日) 23時33分
恋すると胸が痛くなるとか言うでしょ。俺は生まれてから一度も恋をしたことがないから、それがどういう痛みなのかを知らないんだよ。恋をすると前後の見境がつかなくなる、とかね。殊更にしたいとも思わないんだけどね。

名前:aiko 日付:12月29日(月) 0時26分
死ぬ
http://hontele.com/081225/index.html

名前:aiko 日付:12月29日(月) 1時33分
いまのアイコにしか興味はないと言いつつも、5年前、あるいは10年前のアイコの写真に胸を痛くし、オナニーをしている。当たり前のことだ。

名前:aiko 日付:12月29日(月) 1時34分
「そういう風に関係性がひとつひとつ集まると、そこに自然に意味というものが生まれる。関係性がたくさん集まると、その意味もいっそう深くなる。ウナギでも親子丼でも焼き魚定食でも、なんでもいいんだ。わかるかい?」
「よくわかりません。それは食べ物が関係することなのでありましょうか?」
「食べ物には限らない。電車でも天皇でも、なんでもいい」
「ナカタは電車には乗りません」
「そりゃいい。だからね、俺が言いたいのは、つまり相手がどんなものであれ、人がこうして生きている限り、まわりにあるものすべてのものとのあいだに自然に意味が生まれるということだ。いちばん大事なのはそれが自然かどうかっていうことなんだ。頭がいいとか悪いとかそういうことじゃないんだ。それを自分の目を使って見るか見ないか、それだけのことだよ」

名前:あいこ 日付:12月29日(月) 2時15分
「普通のどこにでもある風景。そうよね?」
「そうです」
「でももしそれが明日にはもう見られないかもしれないとしたら、それはあなたにとってすごく特別で貴重な風景になるんじゃないかしら?」
「そうなると思います」
「そんなふうにものごとを考えたことはある?」
「あります」
彼女は意外そうな顔をする。「どんなときに?」
「恋をしているときに」と僕は言う。
佐伯さんは少しだけ微笑む。その微笑みはしばらくのあいだ彼女の口もとに残っている。それは小さな窪みに乾き残った夏の朝の打ち水を想像させる。
「あなたは恋をしている」と彼女は言う。
「はい」
「つまり彼女の顔や姿はあなたにとって、一日いちにちそのたびにとくべつであり、貴重なものなのね」
「そうです。それはいつ失われてしまうかもしれない」
佐伯さんはしばらく僕の顔を見る。そこにはもう微笑みは浮かんでいない。

名前:あいこ 日付:12月29日(月) 16時14分
アイコが聴いていたという音楽を一つひとつ聴いているそのあいだには当然、アイコの音楽からは離れなければならない。そうすると苦しくなってくる。自分の意志でアイコの聴いていた音楽を聴こうとして聴いているのにも関わらずだ。その上、俺にジャズをやれと進めてくる人間もいる。俺にはアイコの音楽しか必要ないのかもしれない。それなのに俺がずっとアイコの音楽から逃れようとしているのは不可解なことだ。

名前:あいこ 日付:12月29日(月) 16時31分
「ねえ、ねじまき鳥さん、私は自分が汚されているとかそういう風には感じないわよ。私はただなんとかそのぐしゃぐしゃに近付きたかっただけなの。私は自分の中にあるそのぐしゃぐしゃをうまくおびきだしてひきずりだして潰してしまいたかったの。そしてそれをおびきだすためには、本当にぎりぎりのところまで行く必要があるのよ。そうしないことには、そいつをうまくひっぱりだすことができないの。おいしい餌を与えなくちゃならないの」、彼女はそう言ってゆっくり首を振った。「私は汚されてはいないと思う。でも救われてもいない。今のところ誰にも私を救うことはできない。ねえねじまき鳥さん、私には世界がみんな空っぽに見えるの。私のまわりにある何もかもがインチキみたいに見えるの。インチキじゃないのは私の中にあるそのぐしゃぐしゃだけなの」

名前:aiko 日付:12月31日(水) 0時19分
兄貴の部屋を整理していたら「SA GA 2 秘宝伝説」とかいうゲームボーイのソフトが出てきた。すぐに燃えないゴミ箱に入れようかと思ったけど、一応アマゾンで調べてみたら、中古で2000円だって。たいしたもんだ。物凄いほめられようなのね。名作らしい。ゲームボーイのRPGの最高傑作だって。とっておいてもゲームボーイ持ってないしな。ブックオフに持ってったら100円くらいにはなるのかなあ。100円にしかならないんだったら売る必要もないような気がしてきた。
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B000069SX3/ref=dp_olp_2

名前:aiko 日付:12月31日(水) 12時19分
In Flames - Stand Ablaze
名曲
http://jp.youtube.com/watch?v=A_vklpRGW30

名前:aiko 日付:1月2日(金) 0時29分
沢本あすか。普通にかわいい。
http://image.blog.livedoor.jp/asukasawamoto/imgs/0/3/035db322.jpg

名前:aiko 日付:1月2日(金) 0時35分
これとかね。
http://image.blog.livedoor.jp/asukasawamoto/imgs/b/f/bf6ed294.jpg

名前:aiko 日付:1月2日(金) 0時55分
これもいい
http://image.blog.livedoor.jp/asukasawamoto/imgs/e/6/e6cdaf33.JPG

名前:aiko 日付:1月2日(金) 1時4分
これもいいの
http://image.blog.livedoor.jp/asukasawamoto/imgs/a/5/a531d659.JPG

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/27 (Wed) 08.12月19日(金)~12月27日(土)

名前:aiko 日付:12月19日(金) 0時3分
これもいい
http://image.blog.livedoor.jp/ayutanto1125/imgs/c/5/c5bc4882.bmp

名前:aiko 日付:12月19日(金) 0時10分
ただ、似合う髪形が限られているのか、これなんかは感動的というほどではないんだよね。かわいいけど。結婚レベルなのには違いないけど。下のはもう芸術というか神懸かっているからな。
http://image.blog.livedoor.jp/ayutanto1125/imgs/3/a/3a9a07b8.bmp

名前:aiko 日付:12月19日(金) 0時14分
これはもう美術史に残るようなレベルなのにね。美しい。
http://image.blog.livedoor.jp/ayutanto1125/imgs/c/5/c5bc4882.bmp

名前:aiko 日付:12月19日(金) 0時25分
これに出てる女の子なんだけど。東亜優っていうの。俺の5個下だから18才ってことになるのかな。
http://www.kfc.co.jp/tvcm/cm_47.html

名前:aiko 日付:12月19日(金) 0時31分
で、これがファンサイト。マイナーな女優さんらしいな。でも日本中の男子がちんこをぱっつんぱっつんにして萌え萌えになるようなタイプの顔付きではなさそうだな。地味でしょ。
http://blog.livedoor.jp/ayutanto1125/

名前:aiko 日付:12月19日(金) 2時0分
ライフワーク:すぐれたエロビデオのキャプチャー画像を一覧のように印刷し、自分の最強のエロ本を作ること。最高のシーン、最高の表情をキャプチャーする。A4の紙に印刷し、ファイリングする。そうすればいつでもどこでもそのファイルを広げれば思う存分楽しむことが出来る。

名前:aiko 日付:12月19日(金) 2時22分
やっぱり紙媒体がいちばん好きなんだよね。それは間違いない。

名前:aiko 日付:12月19日(金) 17時36分
だいたい、芸術家はみんなエロです
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010930970

名前:aiko 日付:12月19日(金) 17時49分
aikoがわからん。いや、俺がaikoについてどう思っているのかがわからん。

名前:aiko 日付:12月19日(金) 21時54分
この世にあって最もすぐれた本は、aikoの「蝶々結び」というシングルの初回盤の歌詞カードである。あそこにあるものをぼくは「世界」と呼んでいる。

名前:aiko 日付:12月19日(金) 22時25分
俺には芸術や美というものがどういうものを指すのかわからん。けど、aikoの顔を見た時に自分の中に起こる感情の動き、いや、世界の動き、aikoの顔を見た時に世界の在り方が変容していく、その世界の変化の動き、それを芸術と呼んでもいいんじゃないかと個人的に感じている。美を感覚するということだ。こういう、何かを見た時に世界が変容していく様を感じとることが出来ること、こういうことがなければ、生きていたってなんの甲斐もない。俺がaikoを見た時に、その世界の在り方が根本的に変わっていくような、そういう様子を感じとる時に、aikoを見る以前の、見ていなかった間の自分の「人生」というものがただただ景色が移り変わっていくだけというものだったのに対し、「そうだ、生はこの中にあった」と俺が思ったとしても、それは無理からぬことだろう。生の目撃であり、それをぼくは「人生」と呼ぶのだ。あるいは、「美」と呼ぶのだ。それ以外にぼくが価値を置くものは何もない。

―ぼくが「生きたい」と言うのはそう意味においてだ。「死にたくない」という意味ではない。

名前:aiko 日付:12月21日(日) 1時27分
ちゅーしたい
http://www.flickr.com/photos/delta930/2516170702/

名前:aiko 日付:12月22日(月) 23時6分

http://bbs.some-lie.com/cgi-img/icola2/img/7405.jpg

名前:aiko 日付:12月22日(月) 23時9分
んん
http://bbs.some-lie.com/cgi-img/icola2/img/6708.jpg

名前:aiko 日付:12月23日(火) 4時29分
良スレ
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1227934209/

名前:あいこ 日付:12月27日(土) 15時22分
冬休み入ってから、すぐにコンビニのバイト始めようと電話をかけちゃって、今日七時に面接なんだけど。ばっくれようかな。

電話した時さ、学校が終わって一区切りついた時だったから、疲れきっていたんだよね。疲れきっていたし、一区切りついたんだから、しばらくは冬休みを何もせずにいろいろゆっくり考えながら過ごしていた方がいいような気が今になってしてきた。疲れきってまともな判断力のない時に電話したから。まともな判断力がないから、助けを求めるように考えもなしにバイト希望の電話をしたとも言える。

7月に働き始めてから、ずっと直感を無視して頭ででっちあげた理論に自分を従わせるという、習慣というか流れが出来ている。それまでずっと直感を頼っていたんだけど。今回、バイトを始める電話をしたのも、この理論の習慣の中にあると思う。理論を「生きる」ことには強い抵抗を覚える。

せめてまともな判断力が戻って来るまで電話するのを待っていられればよかったんだけど。いま自分が求めていたのはひとつだけで、それは7月に出来た「間違った流れ」を止めることにあったのだと、いまになって気づくことが出来た。

しかし、俺がいま働き始めようとしているのも、おそらく「間違った流れ」の中にある。

ばっくれるなら今しかない。まだ顔も知られていない。携帯番号と名前は知られているけど。

ばっくれるべきか。あと四時間か。なんで焦って電話なんかしてしまったんだろう。急ぐ必要なんてなかっただろうに。せめて2月に試験が終わるまで考えてみてもよかっただろうに。

疲れてる時の一時の気の迷いだったんだよな。いやに現実感がなかった。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/24 (Sun) 08.12月2日(火)~12月14日(日)

名前:aiko 日付:12月2日(火) 13時9分
どんどん離れていく。自分が欲しいと思って買ったものが全然必要なものじゃなかったり。そういうことを繰り返していくと本当に自分が欲しかったものがどんどん見えなくなっていく。戻ってこれなくなる。

名前:aiko 日付:12月2日(火) 14時58分
蒙古ひだにかかっている。奥二重で蒙古ひだ。
http://se-biyou.com/html/eye4.html

名前:aiko 日付:12月3日(水) 2時21分
超どうでもいいけど、俺はずっとスピーカーのことで我慢していたのだなと。でかいスピーカーが偉いと思ってたの。自分の部屋にあるオーディオね、スピーカーがね、横25縦45センチくらいの箱なんだけど。親父が使ってたやつ。SONYのおそらく20年以上前に買ったやつ。パソコンやってる時も、外部のスピーカーに繋がないでパソコンのしょっぱいスピーカーで音楽聞いてたんだけど。今回小型スピーカー買ってみたの。2000円の。それパソコンに繋いだの。音が良すぎてびっくりしたの。ブラッドメルドーのトリオ聞いてみた限りだと、家にいてこんなにいい音で音楽を聞いたことはなかったんじゃないかと思った。なんつーか音楽を聞いてるって感じだった。いままで音楽が「かかってる」って感じだったんだけど。音楽の種類との相性もあるのかもわかんないけど。いまでかいスピーカーでブラッドメルドーの同じやつ聞いてるけどさっき聞いてた小型スピーカーの方がいい音してる気がする。聞いてて楽しくなるかっていう基準なんだけど。音が気持ちいいってこと。このでかいの暖かい音はしない。小型の暖かい。でかい=偉いは間違いだったんだろうなあ。でも、俺がいちばんいい音だと感じているのが2000円の小型スピーカーの音だなんて、思ってたのと違うなあ。そんなもんなのか?音楽ってもっと「偉い」もんだと思ってたんだけど(笑)、ほら、いい環境で聴かなきゃいけないんだっていう意識がさ、すごく強くあった。いい音楽を、いい環境で、集中して聴く、イコール音楽、みたいな。

でもさ、小型スピーカーがいちばんいい音だってなると、オーディオなんて要らなくなるよね。あの場所をとってたスピーカーやらアンプやら。もうipodをその小型スピーカーに繋げりゃそれで済んじゃう。なんかすっきりしたような。身軽になったな。良かった。まあつまりはいままでいい音ってのを知らなかったんだな。

以上、自分で書いててもめちゃくちゃどうでもいい話。

名前:aiko 日付:12月3日(水) 2時36分
ついでに言うと、俺はipodの容量のことでもずっと、正確には大学二年の秋からなんだけど、ずっと我慢してきたのね。俺のパソコンに入ってる曲数は一万曲くらい。俺の持ってるipodnanoに入るのは1000曲。ずっと中身を入れ替え入れ替えやってきたから。そろそろ普通の120ギガのipodでも買う。全部入ればもう取捨選択選択に一日二時間も割かずに済むし。一日二時間も取捨選択して外に出ると聴きたい曲が入ってないってやつ。だからまた家に帰って取捨選択してると二時間が経過。俺は人生を凄く無駄にしてきたよね。これが我慢だってことに気付くのに約三年かかったんだから。

名前:aiko 日付:12月5日(金) 15時45分
アイコと手を繋げば俺の手はアイコのマンコの20センチ以内の距離に入るんだよなあ。世界でいちばんアイコのマンコに近いわけだ。いや…アイコと並んで立てば、アイコのマンコと俺のチンコは50センチ圏内に入るわけだ…もう結合しているのと大して変わらないよなあ。アイコのマンコの熱をチンコに感じられるかのようだ。

名前:aiko 日付:12月6日(土) 22時19分
素晴らしい、本当に素晴らしい。悲しくて、愛しい。もうだめだ。泣けてくる。悲しくてしょうがない。泣けてきてしょうがない。
http://jp.youtube.com/watch?v=c5y4_W-humw&feature=related

名前:aiko 日付:12月9日(火) 14時38分
the world didn't come to an end.
http://jp.youtube.com/watch?v=CkmsiYPN1Mc&NR=1

名前:aiko 日付:12月10日(水) 17時45分
はっきり言ってこんなにかわいい女の子は見たことがない。23年に一人だ。でもこういう女の子を電車の中とか往来の中で見付けることは出来ても知り合いにはなれないでしょ。自分の知り合いの中にこういう23年に一人レベルのショックを与えてくれるような人に出会うことは確率的に言って不可能でしょ。じゃあ惚れるって何よ?正しい恋の在り方って、知り合いから発展して行くんじゃなくて、電車の中とか往来の中で出会ったなん十年に一人の女の子に声をかけることだと思うんだけど。

名前:aiko 日付:12月13日(土) 22時48分
あいこ好き

名前:aiko 日付:12月13日(土) 23時13分
まずは下の絵を見てください。


     <━━━━━━━━━━━━>



      >━━━━━━━━━━━<


上のほうが長く見えると思います。
これが眼の錯覚です。

名前:aiko 日付:12月14日(日) 0時50分
ぐっちょぐっちょ言ってる。好きだよあいこ。やばい、行きそう。

名前:aiko 日付:12月14日(日) 16時3分
ブライアンブレイド
http://jp.youtube.com/watch?v=OPWjNX4PBlI

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/24 (Sun) 08.11月29日(土) ~12月1日(月)

名前:aiko 日付:11月29日(土) 22時15分
「苦悩する者と知られたときには、苦悩は必ず浅薄な解釈をこうむる。他人の苦悩から、その人に固有の独自のものを奪い去ってしまうということこそ、同情という感情の本質に属することだ。『恩恵をほどこす者』は、敵以上に、その人の価値や意志を傷つける者なのだ」ニーチェ「悦ばしき知識」

名前:aiko 日付:11月29日(土) 22時16分
敵は私を理解しようなどとはしない。だから、私の固有性は敵からはいつも守られている。だが、同情者はちがう。彼らはいつも自分自身の知性と感性を携えて私の内面深く入り込んで来て、私を理解という名の暴力でずたずたにしてしまう。同情されたとたん、私はそのことで殺されるのだ。

名前:aiko 日付:11月30日(日) 22時22分
プレデターってスティービーワンダーに似てる。

名前:aiko 日付:11月30日(日) 23時14分
くそー、ヤフオク、業者が入札してきやがった。業者と戦って勝てるわけがねえ。

名前:aiko 日付:11月30日(日) 23時32分
艶っぽい人
一途な変態
すごく生命力の溢れてるタイプ
変態
自分よりも大人な人
よく笑う人
年収は多ければ多いほどいい
八重歯フェチ
何かに立ち向かっている人
努力する人
不器用で真直ぐな人
女好き
肉食

名前:aiko 日付:11月30日(日) 23時37分
艶っぽい人 一途な変態 すごく生命力の溢れてるタイプ 変態
自分よりも大人な人 よく笑う人 年収は多ければ多いほどいい
八重歯フェチ 何かに立ち向かっている人 努力する人
不器用で真直ぐな人 女好き 肉食

名前:aiko 日付:11月30日(日) 23時49分
これに出てくる女の子がかわいい。
http://games.yahoo.co.jp/games/flash/samuraidou3_typing/

名前:aiko 日付:12月1日(月) 0時8分
シール。
http://jp.youtube.com/watch?v=-4fI6FbtmZ4

名前:aiko 日付:12月1日(月) 3時54分
「アイコから何時間離れていた」ということを意識すらしなくなる状態を怖れていたが、いままさにそういう状態にあるわけだ。からっぽちゃん。ふんわりふわふわ。俺の人生を映画に喩えるならば、七月に仕事を始めて以来のこの数ヶ月の展開は「面白いことになってきた」ということになるのでしょうが。

名前:aiko 日付:12月1日(月) 9時46分
樋口宗孝死去。まだ若いだろ。

名前:aiko 日付:12月1日(月) 16時36分
俺の場合、aikoの音楽だとか、言ってることの中に感じられる存在、それが俺にとって大きな価値を感じるものなの。自分が何をしたいのか、人生において何を望んでいるのか、それに答えてくれるものはaikoの音楽だとか、aikoの言ってることの中にあったの。そして、それは言葉に表せるような明確なものではないの。だからaikoを見て、「おっしゃわかった、俺はこれをやってこう。これに向かって行くぞ」なんて風に自分のその求めているものを頭の中にとどめておいたり、理解することが出来ないの。それはaikoと向き合ったところで、なかなか見られるものでもないし、見られたとしてもすぐに消えちゃうの。それで忘れちゃうの。

学校に行くとか、いわゆる「外」の生活をしていると、いろんな雑音があるの。「お前はこれをやれ」だとか。俺なんか簡単に惑わされてついて行っちゃうの。それでaikoの中に見たものなんてまったく忘れちゃうの。見たことすら忘れちゃうの。それがあったことすら忘れちゃうの。そういう恐怖からだよね。生きてる意味ないじゃんっていう。そういうんで何回か学校から逃げて来たんだよね。

俺の人生というか、意志の連続性は、七月に仕事を始めた時以来、外部の者によって部分的に破壊されたように感じているんだよね。とりあえず、七月に仕事を始めた時に崩したバランスを、少なくともまだ取り戻せてないから。ぐらぐらのぐらぐらなの。ぐらぐらになったことは今まで生きてきて一度もなかったの。今まで重大な決断は全部自分でしてきたからね。弱ってたんだよな。つけ込まれたんだけど。ぐらぐらなの。神経症の人間は事実をそのままに受け入れないですべて病的異常のせいにしてしまうから、俺のいまのこのぐらぐらも、明らかに人生上の危機なんだけど、「現実の」人生上の問題には思えないの。何が現実で何が現実でないのかわからない。こんなんだから外部の親切な人間に余計な世話をされても、それによって自分の人生がおかしくなっていることに気付きもしないんだ。

名前:aiko 日付:12月1日(月) 21時48分
白かもめは絶滅している。白かもめはシベリアの空を飛んでいる。死んだ人には関係のないことだ。生きている人が笑おうと。

名前:aiko 日付:12月1日(月) 23時8分
コードの響き。人間、生活、それがなければ、コードは響かない。コードの響き、世界に溶ける。

久しくコードを聞いていない。以前に聞いたのは十月の頭だったか。音楽を聞いたのはあれが最後だったな。俺が求めているのは音楽じゃない。音楽そのものなんてなんの力も持たない。十月の頭のその時の前は、去年の秋くらいかな。去年の冬からずっとだな。音楽、聞いてない。そろそろいいだろ。もう充分だろ。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/24 (Sun) 08.11月24日(月)~11月25日(火)

名前:aiko 日付:11月24日(月) 0時0分
5月8日(木)1:59
アイコが最も強いメタファーであることは変わりはない。いまも変わらず、アイコと、アイコの身に付けるもの、アイコの周辺にあるものが、自分にとって最も強い力を持ったメタファーである。最も強く自分を動かす契機である。アイコの表情が、アイコの声、アイコの身に付ける服、アイコの歌、アイコの音楽が、最も強いメタファーであることに変わりはない。言い換えると、アイコの表情や声や身に付けているものが、自分に何かを求めているように感じる。

名前:aiko 日付:11月24日(月) 1時10分
艶っぽい人
一途な変態
すごく生命力の溢れてるタイプ
変態
自分よりも大人な人
よく笑う人
年収は多ければ多いほどいい
八重歯フェチ

名前:aiko 日付:11月24日(月) 1時40分
いかに坂本龍一がアーティストであるかということがよくわかります。アーティストの仕事は考えることです。アーティストは、やはり考えることが大事だと言います。高橋源一郎は、唯一の本質的のコミュニケーション手段は考えることだと言っています。こうして読むと、果たして、高橋源一郎の考えと坂本龍一の考えがある程度重なっていることがわかり、はっとするのです。P.230の天童荒太の発言。

「読者から『なぜホームページ』を開かないんだ。こっちは討論したいのに。お前の小説は対話がテーマじゃないのか』って(笑)。僕の言っている『対話』はそうじゃないんですけど。」

天童がここで言っている「対話」というのは、もちろん「考えること」です。読者は勘違いしています。高橋源一郎は討論とは結局、自分の意見の主張と他者の意見の壊滅を目的とする、考えるという行為からはもっとも程遠いものだと言っています。考えるということは、おそらく私たちが思っている以上にはるかに難しいのです。多くの人は小説に、映画に、歌に、常に答えを求めます。けっきょく、このシーンはどういうことを表しているんだ?と質問します。

多くの人は、何故そういう質問をするのでしょう? もちろん、答えを求めて、です。私は、そういう人に逆に聞きたいです。
「どうして答えが存在するなんて勘違いをしてしまったんですか?」

※この本にはいのちと暴力に関する答えなんて書かれていません。

名前:aiko 日付:11月24日(月) 2時38分
「もしも、精神科医が患者にある観念を注入しようとしたり、患者の観念を奪おうとしたり、内面を全部分かろうとしたり、患者を操ろうとしたり、幻想を抱かせようとしたり、人格的影響を与えようとしたりするのが、いくらかでも正当であるかのように思っているとしたら、それは、公衆であろうと精神科医であろうと、誤りであり、よいことであると思っているとすれば、とんでもない錯覚である」

名前:aiko 日付:11月24日(月) 3時41分
浮世絵師たちは現実の松ではなく概念としての松を描いた、としても、彼らが理想とする松の概念に到達するために、現実の松を徹底的に見たはずです。シェイクスピア劇の登場人物たちは人間ではなく役柄だ、という人たちこそ、別の先入観に捉えられているのではないか? 北斎の「海」はグロテスクなほどリアルではないか? 概念(イデア)がフィクションというのなら、物自体もフィクションです。

名前:aiko 日付:11月25日(火) 11時32分
全財産あと6000円しかないのに、ヤフオクでゆうパック承諾という失敗(送料550円)、アンド銀行振り込みしかやってません失敗(振り込み手数料400円)。合計、手数料だけで950円。6000円のうちの950円ってすげえ大きいのよお。ふつう定形外だろお。ふつうゆうちょ銀行だろお。
http://www.yung.jp/yungdb/op.php?id=939

名前:aiko 日付:11月25日(火) 12時4分
ある時 太郎のチンチンに
たいへんなことがおこりました
それは やわらかいチンチンが
かたくなってしまったのです
どうしたのでしょう
とても きになります
そこで
お父さんに聞いてみました
「見て 見て チンチンがたっちゃったよ」お父さんはつぎのように はなしてくれました
チンチンが かたくなって たつことを
「ぼっき」というのです
赤ちゃんも
ぼっきすることがありますが
中学生ごろになると 男子ならば 毎日のようにぼっきするそうです

名前:aiko 日付:11月25日(火) 12時15分
太郎のチンチンには さきっぽに ちょこんととびだす 「らっきょう」の ようなものがあります
お母さんは チンチンのさきっぽをつつんでいる 「かわ」をすこしずつ 下におろして
「らっきょう」をだして見せてくれました
そして おゆをかけて やさしくあらうようにと おしえてくれました
それから いもうとと 太郎にこういいました
たいせつなところだから じぶんで きれいにしてね
それから チンチンは いつもパンツをはいて かくしているでしょう
プールにはいっても みずぎで かくすでしょう
そこは『プライベート・ゾーン』といって 人に見せるところじゃないのよ
だから 人が「見せて」といったら 「いやだよ」といっていいのよ

名前:aiko 日付:11月25日(火) 12時18分
ある日 太郎はおもしろいことに きがつきました
チンチンを 手でいじってみたら きもちよかったのです
だけど お母さんに 見つかって おこられました
「太郎 人の見ているところで さわらないでね」
おや 太郎はびっくりしました
それは お母さんは 「してはいけません」と いわなかったからです

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/24 (Sun) 08.11月22日(土)~11月23日(日)

名前:aiko 日付:11月22日(土) 18時44分
死ぬ
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g67353658

名前:aiko 日付:11月22日(土) 18時45分
すっぴんがいちばんかわいいっつーの。
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g67353658

名前:aiko 日付:11月22日(土) 20時57分
環境はどこまで行動を左右するのか、これは俺がずっと直面している問題なんだけど、この問題に関しては少しも進歩していないように思う。また、行動と環境の境界はどこにあるのか。毎日一日じゅう小説を読んでいたとして、自分はいかなる環境に置かれていたと説明するのか。小説を読みたいという欲求が環境に変化を与えるのか。環境の変化が、小説を読みたいという欲求を生み出すのか。

環境によって精神の状況も左右される。精神の状況によって行動も左右される。行動の内容によって環境の選択にも影響が出るし(本が読みやすい場所を探すとか)、行動は精神にも影響する。

これらの相関関係がわからない。

行動が変化すれば精神も変化する。精神が変化すれば環境も変化する。

行動に何らかの不自然さがあれば、精神もそれに従う。すると環境もそれに従う。不自然になる。行動が自然になった時、自分のいた環境の不自然さに初めて気が付く。

名前:aiko 日付:11月22日(土) 21時8分
行動が落ち着くまでは環境は落ち着かない。常に「その時の」自分の求める環境にしていこう。十分後にはその環境に我慢が出来なくなっていればその都度環境を変えて行けばいい。

名前:aiko 日付:11月22日(土) 21時27分
不自然な生き方をしていれば理論に傾く。環境も型にはまった柔軟性を欠いたものになる。

名前:aiko 日付:11月22日(土) 22時3分
俺は基本的に何もない部屋の中で暮らしている。もっと正確に言うならば中立的な部屋の中で暮らしている。選択することは命取りだからだ。その中で濃淡が出来るのを何もしないで待っている。

名前:aiko 日付:11月23日(日) 11時57分
そしてぼくはこの数年間、妄想がどこまで現実に対して影響力を持つのかを試しているとも言える。当然、ここに書いているようなこともすべて妄想だ。

名前:aiko 日付:11月23日(日) 16時21分
現実感が多少なりとも感じられる時も、まったく感じられない時も、常にそこに重力として機能していたのはaikoの音楽だった。

名前:aiko 日付:11月23日(日) 19時3分
必要以上に疑い深い。常に自分は見当外れなことをしているように感じる。常に自分の本当に必要としているものは自分から刻一刻と遠ざかっているように感じる。

名前:aiko 日付:11月23日(日) 20時15分
自分の生活において自然な流れが失われているのは自分の希望を不自然に我慢して抑え付けているからだろう。しかし、何を我慢しているのかが判らない。だから慎重にならざるを得なかったわけだ…周囲の人間の中には「お前の望んでるものはこれだ。だからこれをやれ」と押し付けてくる人間も少なからずいたわけだけど…それに従ってしまったこともね。「自分の望んでるものをはっきりと『これだ』と言えないことはすなわち『何も望んでいない』ということになってしまうわけ?」「何がしたいの?」と訊かれても何も答えられないっつーの。答えられるとしても、なんで俺がいまここでお前にそんなことを話さなければならねーんだ?なんで「何がしたいのか」なんてことを訊いて来るんだ?馬鹿なの?死ぬの?

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/24 (Sun) 08.11月21日(金)~11月22日(土)

名前:aiko 日付:11月21日(金) 23時17分
そしてあと30分でアイコは33ちゃいになるのよ。

名前:aiko 日付:11月21日(金) 23時52分
33ちゃい

名前:aiko 日付:11月21日(金) 23時53分
8分ずれてるぞこれ

名前:aiko 日付:11月21日(金) 23時54分
383 :名無しの歌姫:2008/11/22(土) 00:00:00 ID:UyM4JkD90
aiko誕生日おめでとうaiko
33歳なのにかわい過ぎるよaiko
まだまだ応援するよ!


384 :名無しの歌姫:2008/11/22(土) 00:00:00 ID:UIDk797Y0
      スポポポポポポーン!!!
   。     。
     。  。 。 。 ゚
    。  。゚。゜。 ゚。 。
   /  // / /
  ( Д ) Д)Д))

aiko33歳おめでとうaiko

名前:aiko 日付:11月22日(土) 0時10分
俺の人生はもうぐしゃぐしゃになっているような気もするんですよね。

名前:aiko 日付:11月22日(土) 1時8分
先生ってコピペチェックってやってるんだよね…大丈夫かな。

名前:aiko 日付:11月22日(土) 1時19分
佐野康夫ってなんなの。俺なんか佐野康夫の親指にもおよばねえぞ。足の親指ね。未だに佐野康夫が何をやっているのか聞き取れていない自分を発見。

名前:aiko 日付:11月22日(土) 2時18分
そして、音楽は生活の中でしか機能しないという事実。生活のないところに音楽は機能しない。音楽は、生活とのかかわりを通してしか機能しない。音楽にアクセスするためにはまず自分が生活にアクセスすること…生活、それは当たり前の物事だ。生活というものから脱落することは、普通に生きていれば起こり得ないんだろう。そのために、多くの人は「生活」というものを希求するのはおろか、意識したこともないんだろう。世界に色があるのは、音楽が機能するのは、空気を吸っているのと同じくらいに当たり前のことだからだ。

名前:aiko 日付:11月22日(土) 2時19分
ふと、生活の世界に足を踏み入れることが出来たとき、俺は音楽の聞こえない場所にいたのだと気付く。生活の世界には光が差し込み、その時はじめて、音楽の中にも光を感じることが出来る。その光は、世界の光としか言いようがない。殆どの人は、「こちらの世界」で生きていたのだ。音楽も「こちらの世界」の言語でしか語られていない。音楽は、「あちらの世界」には殆ど届かない。少なくとも、この世界の光は一切届かない。

名前:aiko 日付:11月22日(土) 3時20分
記憶は印象を再生することであるが、模倣や学習を通して記憶が発達させられることによって、人間は何を為すべきかを知る。

名前:aiko 日付:11月22日(土) 3時24分
『根堀り葉掘り聞き回る』の…『根掘り葉掘り』…ってよォ~~。
『根を掘る』ってのはわかる…。
スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな…。
だが『葉堀り』って部分はどういう事だああ~~っ!?
葉っぱが掘れるかっつーのよーーーッ!
ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~~ッ!!
葉っぱ掘ったら裏側へ破れちまうじゃあねーか!
掘れるもんなら掘ってみやがれってんだ!
チクショーッ。
どういう事だ!
どういう事だよッ!
クソッ!
葉掘りってどういう事だッ!
ナメやがって、クソッ!クソッ!

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/08 (Fri) 08.11月20日(木)~11月21日(金)

名前:aiko 日付:11月20日(木) 23時17分
俺は「aikoの音楽を自分のものにすること」をいちばん自分にとって重大なことと考えていた。「aikoを納得のいくまで見ること」を。aikoを知らないということが堪えがたかったんだろう。aikoを知ることなしに自分の人生は進まないと思っていたんですね。いまもそれはおそらく変わらないんだけど。

でも「音楽を自分のものにする」ってことがまだわかってないんだ。とりあえず100回聴けば自分のものになると短絡的に考えてた部分もあるけど、それだけじゃないこともわかってるし。

実際に自分のものになっていようがいまいが、自分で「aikoの音楽はもう自分のものになっている」と納得出来るということを求めていたんだろう。

「aikoの音楽を自分のものにする」ということが人生の最重要課題みたいになっていて、それによって他の物事があまりにも犠牲にされてきた部分はあるかも知れない。それだけ自分にとって重大だったし、それしか考えられなかったし。「生活を続けながら、aikoの音楽を自分のものにしていく」ということが考えられなかったんだな。それだけ焦っていたの。

そりゃあね、aikoの音楽を聞いていてね、俺がそこで何を見たのか、どんなものを感じたのか、そういうことを客観的に考えてみると、「俺はaikoを好きなんだ」、と言ってみることは可能だとは思うよ。でもね、aikoの音楽を聞いて、そういうものを見た以上、俺はここでじっとしているわけにはいかない、と思うの。じゃあどうしたいのかっていうと、「この人の音楽を知りたい」って思うわけね。だから、好きと言うことは可能かも知れない、だけど全然充分ではないってことだね。

ぜんっぜん充分ではないよ。aikoを好きだとは思わないもん。

そういうaikoを知りたいっていう気持ちがあったから、いろんなものを犠牲にしなければならなかったんだろうね。それで自然な生き方が出来なくなったんだろうね。

名前:aiko 日付:11月21日(金) 20時33分
たとえばねえ…「俺はまだ本気出してないだけ」って漫画があるけど、この漫画の中にaikoのCDが背景として出てくる。で、居酒屋「くにわけ」と言うのも出てくる。その居酒屋「くにわけ」の中で、aikoに似せたと思われるおかっぱ前髪一直線の鼻が上を向いた(決してかわいくは描かれていない)、名札に「こくぶ」と書かれた店員さんが出てくるのね、背景として。aikoがこの漫画を好きな漫画に挙げてたけど、これについてはどう思ったのかなあ、と思った。かわいく書かれてればいいんだけどなあ。aiko似の店員、名前は「こくぶ」、居酒屋「くにわけ」。うーん。凄くいい漫画だよ。

名前:aiko 日付:11月21日(金) 21時17分
いろいろな実感がある。ある時は、「人間」というものがリアルに感じられていた。ある時は、aikoの音楽を知りたいのに、その一方で佐野康夫の演奏を理解したいという気持ちもあったので、ろくにaikoの音楽を聴いていないことにいらいらしてた。ある時は、楽器をやりたいという欲も消え失せていた。ある時は、aikoを見てもかわいいとは感じなくなっていた。ある時は、aikoの写真を見たとき、息が止まるようなリアルな痛みを覚えた。ある時は、aikoの音楽を聴いて、自分のいままでの人生が否定されたように感じた。ある時は、押し入れに追いやったドイツ語の辞書が何かを訴えるような眼差しで俺を見ていたのを感じた。ある時は、aikoの音楽の中にある「これ」、この中にしか俺の人生はないのだ、と思った。ある時は、aikoの表情の中に俺の人生があると感じた。ある時は、学校に通っていることが明らかに正しくないことのように感じられた。ある時は、学校にもバイトにも行かずに数ヶ月を過ごし、天井も地面もない空間を永久に落下し続けるような無重力の中で自分の背中の後ろがむずむずするような、自分がどこにも結び付けられていないような落ち着かない肌寒さを感じながら、自分にとって何が重要なのか、つまり物事の軽重を量っていた。ある時は、学校に行きたいと思った。ある時は、講義をしている先生の声の響きの中に人間を感じ、涙を流した。ある時は、英語の授業の帰りに、道を歩いている人たちの無数の希望のようなものを感じ、目がしらが熱くなり、喉が痛くなり、歩いている人たちひとりひとりに向かって「ぼくは君が好きだ」と言って回りたいと思った。人が生きていることはなんて悲しくていとおしいことなのかと思った。ある時は、語学の先生が、授業に出なくなった俺に対してどのように感じているのかについて考え、申し訳なく感じた。ある時は、授業を懐かしく感じた。ある時は、いねやの弁当を懐かしく感じた。ある時は、もう二度と授業に出ることもないのかと考え、寂しく思った。ある時は、数ヶ月振りに授業に出て、先生の話に耳を傾けているあいだ、この数ヶ月分の自分の人生に中身が与えられていく様子を見ることが出来た。

名前:aiko 日付:11月21日(金) 21時32分
ある時は、泣きながら楽器を殴っていた。ある時は、楽器をやることになんの喜びも見出せていない自分に気付き、世界が空っぽになったように感じた。こんな思いだけはもう二度としたくないと思った。だから楽器はもう辞めようと思った。楽器を見ることも出来なかった。ある時は、表面上は「社会的な」生活を演じてはみたが、これは自分の人生ではない、というような胸の中が空っぽになったような感覚を感じながら過ごしていた。ある時は、自分に対して劣等感を感じ、人間をリアルに感じ、焦りを感じていた。ある時は劣等感も「こうなりたい」というのも何も感じなくなり、かと言って毎日学校に通って試験勉強をして、という生活を続けることも出来ず、かと言って人生を諦めたわけでもなく、かつて痛みや希望を感じていた所の周辺をうろうろとしていた。しかし、もうかつて感じていた痛みや希望、劣等感や実感はなくなっていた。ある時は、「俺は語学の授業を、学校の授業の中でも特に求めているんじゃないか」と思った。ある時は、学校を中退すると、自分の体の一部分をここに置いたまま、これから先ずっと歩いて行かねばならなくなるというような肌寒さを感じた。ある時は、経営学の教科書の表紙をいろんな角度から眺めることで自分の人生を取り戻そうとしている自分を発見していた。経営学の教科書の紙の触り心地を感じながら、俺はこれを捨てようとしていたんだと思った。

いろんな実感がある。

名前:aiko 日付:11月21日(金) 21時39分
ある時は、aikoの音楽を聴いている間は正しい判断が出来ていると思った。いざaikoの音楽に戻って来ると、aikoから遠ざかっていた間に自分の考えたこと、したことはすべて間違っていることのように感じられた。ある時はaikoの音楽を聴いて吐気しか感じなかった。

そして明日の課題はまだ終わっていない。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/08 (Fri) 08.11月20日(木)~11月20日(木)

名前:aiko 日付:11月20日(木) 13時18分
ハギワラさんっておーやんふぃーふぃーに似てたんだね。

名前:aiko 日付:11月20日(木) 13時22分
馬場のTSUTAYAの店員さんにもおーやんふぃーふぃーに似た人がいるんだよ。

名前:aiko 日付:11月20日(木) 13時26分
このスレッド好き。雰囲気が。
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/classical/1225690871/1-100

名前:aiko 日付:11月20日(木) 21時9分
やさしくも厳しくもあるその指は
いつも愛を知る

名前:aiko 日付:11月20日(木) 21時11分
眠れないのなら歌ってあげる
いつでも“愛のうた"

名前:aiko 日付:11月20日(木) 21時11分
苦い苦いハチミツ忘れないように
二人の証残して

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/08 (Fri) 08.11月19日(水)~11月20日(木)

名前:aiko 日付:11月19日(水) 13時57分
世界の色や匂いは戻りつつある。自分がそれを望んでいたのかどうかは今は考えないようにする。それ(色や匂いが戻ったこと)が自分にはいいことなのか、まだわからない。順序が狂っている。積み上げて行きたかった。望むときに望むものを求めるべきだ。そういうことをしないで、頭で「こう生きるべきだ」だとか考えて、それを他人にも押し付けたりしてるからいろんなものが形骸化していくんだ。頭で考えた「情報」に自分を当てはめて行くことで「自分は自分の生を生きている」となんとなく思い込んでいる人間があまりにも多いんじゃないか?なぜそんな風にして生きていくことが出来るのかというと、ほとんどの人は人生にそれほど多くのものを望んでいないからだろう。

名前:aiko 日付:11月19日(水) 14時7分
これから問題なくことが進んでいくようでも、「あの時邪魔が入らなかったら、自分のやりたいようにしていたら、自分の人生はどれほど違う方向に向かっていただろうか」というような考えが消えることは或いは一生ないのかも知れない。そう思います。こういうのを後悔と言うんでしたっけ。あの時ああしてれば、という。あの時あいつと会わなければ。

名前:aiko 日付:11月19日(水) 16時9分
足をかっつんかっつんさせて携帯打ちながら歩いている女がいて、俺がそいつを追い抜こうとした時、そいつ携帯の画面を俺に見られないように携帯を打つのを一度やめたのね。おめーみてーな女の打ってるメールになんか興味ねーよってムカついたので、追い越したあとしばらくそいつに聞こえるように俺も足をかっつんかっつんというかぺったんぺったん音を鳴らしながら歩いてやった。ざまみろ。

名前:aiko 日付:11月19日(水) 23時52分
誤解されているかもしれないけど、俺には「こう生きたい」とかいう理想のようなものは何もないんだよね。「そこにあるものを生きたい」っていうの。わかる?自分の人生ってのは、何もないところから頭でウンウン考えて引っ張り出してくるものじゃないと思うんだけどね。

世界を見渡してみるとね、人間の数だけ?いろんな「そこにあるもの」があるよ。あるものとあるものは重なる。重なる必然性とか。でも、「そこにあるもの」を自分で潰しちゃう人が多いんじゃないの。頭で「俺の人生はこうだ」って決めちゃってさ。考えるもんじゃないのに。一人ひとりの個性なのにね。

名前:aiko 日付:11月20日(木) 0時33分
「自分の人生がない」と感じていた。例えばaikoの日記なんかを見ると、「ああ、この人はこんな生活をしているんだな」と思った。自分の人生を良くしようにも、自分の人生と呼べるようなものが今の自分にはないことに気がついた。良くても悪くてもいいから、まず人生と呼べるようなものを生きてみようと思った。それから良くしていくことを考えていこうと思った。その時のぼくにとって、自分の人生はあまりにも漠然としていて掴みどころがないように思われていたのだ。aikoの音楽を聴くことで痛みや感触を感じることはあっても、その痛みや感触が自分を何かの行動に駆り立てるわけでもなかった。痛みや感触を求めなければ、本当にゼロだった。だから痛みや感触だけを求めた。しかしそこから先が続かなかった。

良くても悪くてもいい。とにかく、「自分はこのような生活をしている」と言えるだけの生活がしたいと思った。生活があるaikoを見て羨ましいと思った。現実に生きていると。俺はこんなことをしている場合じゃないと今更ながらに思った。

名前:aiko 日付:11月20日(木) 0時46分
気が付けば自分の人生なんてものは姿が見えなくなり、自分の視界に映る景色が移り変わって行くだけになっていた。ぼくはいないようだった。ただぼくには視界が用意されているだけだった。視界に映る景色が移り変わるのを無感動に眺めているだけだった。ぼくが何をしてもそれが自分の人生に直結していると感じることはなかった。ぼくはただの視点だった。ぼくは自分がこの世界にいるようには思えなかった。

ぼくはいるのか?ぼくはこの世界にいて何をしているんだ?「人生を生きている」という感じが欲しい。

名前:aiko 日付:11月20日(木) 11時34分
そしてこうしている間にもぼくは「生きている」と言うほかはないわけだ。「ぼくはこんな生活を送っている」と言葉にして表してみてもそれがその人の生活そのものを表すわけではない。外から見ただけでは何もわからない。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/08 (Fri) 08.11月17日(月)~11月19日(水)

名前:aiko 日付:11月17日(月) 21時37分
やっぱりチンコ大好きな女がいいよな。俺の顔にマンコを押し付けて来るような。女ばっかりが受け身よりになるのはおかしい。対等がいい。俺はマンコにしゃぶりつくから、女の方も俺のチンコに息をあらだてておいしそうにしゃぶりついてきて欲しい。

名前:aiko 日付:11月17日(月) 21時45分
名前:aiko 日付:10月3日(金) 19時35分
音楽の生命
音楽が生き物として映る
人間が人間として映る
生きている人間
人間が生きているだけで悲しく
生きている人間を見て悲しくなる
生きていることに
生命
人間がいることに
音楽
表情
生きている!!

名前:aiko 日付:11月17日(月) 21時47分
名前:aiko 日付:10月3日(金) 19時42分
つまりねえ、音楽を聴くでしょ?演奏をしている人間のことをいとおしく感じられることがあるのね。どんな表情をして演奏しているのかが見えてくることがある。それだけでね、勝手に好きになってしまうんですよ、その人のことを。考えていることとかね、どんな人生を送って来たのかがね、見えてくる気がする時があるんだよ、音楽を聴いて。何人ものね、人間がそこにいるわけ。それだけで泣けてくるわけよ。それで何故か自分が馬鹿みたいに思えてくるわけ。「なんだ、この人たち生きてたじゃん」って。勝手に好きになっちゃうの。

名前:aiko 日付:11月18日(火) 15時2分
昨日すますまにキャロルキング出てたね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081117-00000025-oric-ent.view-000

名前:aiko 日付:11月18日(火) 15時40分
401 :萌える名無し画像:2008/11/17(月) 22:59:18 ID:qvTkwmvLO
>>400
あきらかに2枚目の画像はマソコをイジられて腰をうかしてる時だな

404 :萌える名無し画像:2008/11/17(月) 23:06:16 ID:riMdZcFH0
>>401
クンニだろうが
http://www.death-note.biz/up/img/30820.jpg

名前:aiko 日付:11月18日(火) 23時31分
ドイツ語の辞書や教科書がぼくに向けていた視線、それはぼく自身の視線なのだった。ぼくは押し入れに追いやられたドイツ語の辞書を見て、捨てられた犬のようだと思った。かわいそうだと思った。それはぼく自身だった。

名前:aiko 日付:11月19日(水) 2時55分
お互いに尊敬しあっていて、二人でセックスを楽しんでるような、けれどお互いに主体的な(互角)、見ていて興奮するのはそういうセックスだな。尊敬しあっていて、お互いにれいぷしあう感じ。互角。女をオナニーの道具にしか扱っていないような、腰ふってるだけのセックスは見ていてまったく興奮しない。あいつらはセックスのセの字もわかっていない。

名前:aiko 日付:11月19日(水) 3時1分
結局、セックスでもエネルギーの交流がないとだめだよね。音楽と同じだよ。エネルギーを発しまくってるセックスをしてるAVなんて殆んどないよね。まあそんなものに求めちゃいけないんだけど。

名前:aiko 日付:11月19日(水) 10時33分
しょんべんの臭い立つような女とセックスがしたい。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/08 (Fri) 08.11月17日(月)~11月17日(月)

名前:aiko 日付:11月17日(月) 20時33分
2月19日(火)2:40
アイコに関係しないものを見ていても、一切感触を伴いません。それは楽のようで、実際はそれ以上に苦しいものはありません。それも、感触を、実感を感じない曖昧な苦痛です。自分の立っている位置、向かっている方向がまったく見えなくなります。そこで、いざアイコに帰ってくると、フィジカルな実感を伴った苦痛を感じ、息が詰まり、「こうした実際の苦痛を感じないのならば、わざわざ生きている必要もないだろう」ということに思い当たるのです。ぼくの場合、このアイコに当たった時に感じる感触、それを好むと好まざるとに関わらず、ぼくはその感触と関わることなしに生きていくことは不可能なのです。その感触の中にぼくがあるのです。その感触がないとき、ぼくは見えないのです。

名前:aiko 日付:11月17日(月) 21時8分
名前:あいこ 日付:7月21日(月) 20時27分
半年振りのこの感覚、悲しさを感じられることが嬉しい。でも悲しい(笑)。悲しさ「しか」ないような気がする。言葉が出てこない。悲しい、その先が…この悲しさを見届けてやろう。なんか救いがないみたいだ。それでも嬉しいのは、人生が続いていくからだろう。この悲しさがなかった時、この痛みを感じられなかった間は、自分の人生は止まっていたし、これから先動き出すのかも分からなかった。けれど、いま再びあの痛さ、悲しさを感じて、「そうだ、俺の人生はここにあった」と思ったんです。もう放したくない。ずっとこの痛さを、悲しさを感じながら生きていたい。自分の人生はそこにしか感じられないから。自分の人生を生きたい。

それで、この悲しさというのは、おそらく「知ることが出来ないこと」が悲しいんだと思うんだよね。多分、人に関することだと思う。この人の見ているようには、俺には世界が見えていないじゃないか。俺の知らないものについて、この人は涙を流しているじゃないか。この人と同じ悲しみを悲しめないことが、悲しい。俺の悲しさじゃなくて、この人の悲しさが余りにも深い、と感じて、この人と同じように涙を流せない自分が悲しい、のかな。この人は泣いている。けれども、俺はそばで見ているだけ。それが悲しいの。抱き締めたくても抱き締められないんだよね。でもこの悲しさは何故か自分の中で熱を持っている。この悲しさを感じている間は、自分の中が温かい。それが嬉しい。

名前:aiko 日付:11月17日(月) 21時15分
名前:あいこ 日付:8月12日(火) 12時27分
生きることは生き生きとしたものでも、鮮やかなものでもない。どうせ死んだって生きていたって大した違いはない。生きていた方がマシだから生きているだけだろう。それでも、生きていくことの不完全さがいとおしく感じられることもあるんだよね。この音楽を聴いていると仕方なく生きていくことの悲しさ、いとおしさを感じる。生は仕方なく続いていく。生きている方がマシだから生きているというだけだからね。子どもの頃は自分の生をどう活かすかということを考えていたけど、いまは自分よりも先に生があるように感じる。それを好むとこのまざるとに関わらず、生は先にあると。

名前:aiko 日付:11月17日(月) 21時15分
名前:あいこ 日付:8月12日(火) 12時34分
しかしね…この音楽を聴いていると悲しくてしょうがない。別にこの歌は生の喜びを歌っているわけではない。生きることを諦めているようにすら感じられるのに、仕方なく生にしがみついている歌に聞こえるのに、悲しくて涙が出る。当たり前だけど、死にたくなんかないわけで。

名前:aiko 日付:11月17日(月) 21時17分
名前:あいこ 日付:8月13日(水) 19時24分
心の行き先決めつけること僕は出来ない
だけどどうか明日もちゃんと笑ってて欲しい それが最後であっても 長い月日を僕が強く生きてゆけたらそばで いくつもに色を変える君と出会いたい
誰も知らない悲しみさえも少し照れくさいやさしさも

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。