--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/28 (Sun) クリスマスのライブ

名前:あいこ 日付:2月29日(金) 14時40分
あんまりこういう分析めいたことはやりたくないけど。
見た目:アイコ以上にかわいい人はこの世に存在しない
髪型・服装:アイコ以上にこちらの胸をばくばくさせ、目をくらくらさせる髪型、服装はない。
体型:身長も152センチ以外はあり得ないと思う。体型も幼児体型じゃないとだめ。
おっぱいの大きさ:最強。でかすぎてこちらの胸をどきどきさせるのが良い。アイコのおっぱいを見るとでかすぎて絶望的になる。神さまはなんであんなのを用意したんだ。
アイコの音楽:好き
音楽の趣味:かぶる
考え方、感じかた:近い
声:世界最強
しゃべり方:世界最強
漫画の趣味:素晴らしい
誕生日:最強

とまあこんな感じ。アイコを抱きしめながら眠りたい。アイコのシャンプーの匂いをかいだら人生変わるね。たぶんいままでの人生が無意味に思えてくるだろう。

名前:あいこ 日付:3月7日(金) 0時6分
クリスマスのライブでアイコの曲をバンドでやった。
その録音を聴いている。
そのうちの一曲は、ドラムということに限って言うならば、
俺の今まで生きてきた中で最高の演奏。下手だけどね。

あの演奏を聴いて感動した人がいたのかどうかは判らないが(たぶん誰も感動などしなかっただろう。ほとんどの人が聴いてすらいなかったと思われる)、あのときのあのドラムをいちばん聴きたかったのは、ほかでもない俺自身だったことに、いま気がついた。完全に自分の為に演奏していたんだなーってね。録音聴いていて、客の存在をまったく意識していないことに気がついた。個人的。自分と音楽だけ。自分の録音を聴いて、胸が締め付けられるのははじめてだ。あの時のドラムが、俺の目に映っている音楽だ、と言い切ってもいいような気さえする。

もし俺が客席であれを見ていたら、他人が神の前にかしずいているのを目撃したときのような、性的とも言えるような親密な信仰を目撃したときのような、生理的嫌悪にも似たものを感じるだろう。しかし、それは嫌悪に終わらない。

そして、俺にとって音楽を聴いて「感じる」ということは、そういうことなのだ。俺にとって、音楽と「性的とも言えるような親密な信仰」というものとは切っても切り離せないのだ。それを、自分の演奏によって生み出すことが出来たことを嬉しく思っている。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<無題 | TOP | 一生を>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/10-fcfe93c9

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。