--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/04 (Fri) 09.3月22日(日)~3月23日(月)

名前:あいこ 日付:3月22日(日) 22時50分
やはり、「過去には自分は、このように感じていた」とか、過去の自分に戻そうとするよりも、いまを一生懸命に生きるしかないのかな、という気もする。おそろしいことだけれど。いまここにあるものなんて価値のあるものなのかも分からないのに。

名前:あいこ 日付:3月23日(月) 1時10分
吾人の心に自然に発動する純なる欲望といふものは、…矛盾錯誤の多い思想によつては中々容易に之を認める事が出来ない。…社会から隔離された孤独の境遇に身を置いて見た時に、初めて自分自身から自然に発動して来る欲望といふものが分る。それは生の力である。
―森田正馬「生の欲望と死の恐怖」

単純に、去年の6月に俺が学校へ行くのを中断したのは、上でいう生の力というものが「矛盾錯誤の多い思想」によって覆い隠され、抑圧され、機能しなくなっていたことを苦痛に感じ(実際は強い離人症状として現れた。ここでの苦痛とは、「思想」に対する、「体」の本能的な抵抗、防御機能である。離人症状というサインにより、「体」の方へ意識を向けさせようとする。「体」の抵抗だ)、体の「自然治癒力」としての、防御機能に従った結果としてのことだ。ごく自然なことであり、考えた上で行くのを辞めたわけではなく、体の声に従っただけであり、説明不可能なことだ。

名前:あいこ 日付:3月23日(月) 1時11分
神経症の治療を目的とした森田理論から見ても、また、「神経症の治療」から離れ、ただ「自分の人生をどのように生きるか」という目的から見ても、つまり、どのような意味においても、去年の7月に俺が無理矢理にアルバイトを始めさせられたのは間違ったことだった。この一年間は、「自分の人生として」何をも得たという実感を感じることは出来ないし(例えば高校3年間をひたすら遊んで楽しんで過したいと望んでいる少年が、3年間毎日無理やりにひたすら毎日勉強させられたことで、「俺は勉強したことでいろんな意識が身についた」などと、肯定的な実感を得ることが出来るだろうか?何かを「手にした」という実感よりも、遊んで楽しむことが出来ただろう、もう二度とやっては来ない貴重な高校の3年間を「失った」という実感の方が遥かに大きいだろう)、ただ神経症を更に悪化させられたという実感、一年間の間に感じることの出来たであろう「実感」というものを、失ったという実感しかない(しかも、一年間の間にどのような「実感」を得られたであろうかということは、推測の域を出ないのだ。これから先もずっと)。

この一年間の間に感じることの出来たであろう「実感の集積」は(一瞬一瞬の実感の集積、それの一年分)、今現在の俺の感じ方にも影響を残している。以前に感じたような生き生きとした「痛み」だとか、何かを「好き」と感じて胸が温かくなるような、そのような感覚は今の自分にどれだけ残されているというのか?あの時の、あの生き生きとした「痛み」を失ってしまった自分は、これから何かを強く求めるということがあるのだろうか?これから先ずっと、痛みも、喜びも感じないで生きていくのか?

今の自分には何もない。何も、強く憧れられるものがない。失いたくないもの…?

名前:あいこ 日付:3月23日(月) 11時36分
前々から感じていたことであり、当たり前のことでもあるんだけど、そもそも人間性の本質なんてものは存在しないんだ。世界が自分にどのように映るか、人間が自分にどのように映るか、つまりコミュニケーションってのは現象に過ぎないわけで、その時その時の現象としての世界の認識を綜合して、自分の中に世界像とでもいうべき枠組みを作り上げているだけに過ぎないんだからな。「どのような人間か」とか、こういう言い回し自体無意味であると思う。

名前:あいこ 日付:3月23日(月) 13時53分
音楽が世界と一致すると思ってはいけないのだ。ズレがないと楽には生きていけない。

名前:あいこ 日付:3月23日(月) 14時31分
楽に生きたいと思ってる?「楽になる」ことで何か犠牲にしてる。誤魔化してるよね。ははは。

名前:あいこ 日付:3月23日(月) 19時27分
確かに俺は芸術の捉え方において偏っていると思うよ。純文学原理主義というかね。でも(愛が深ければ八方美人であることがきつくなってくる…のとはちょっと違うか?)、俺は芸術を「鑑賞」出来るような立場にはない。一歩退いて見ることが出来ない。俺は限られた種類の美しさしか知らないし、それを相手にすることで精一杯だからだ。

名前:あいこ 日付:3月23日(月) 21時2分
最近のではっきりとは覚えてないですけど、太田光が『自分の思った通りに行動して、人に嫌われてもいいじゃないか』みたいな発言をしたとき,西川史子が『人に嫌われることが本当にいいんですか?』って反論(?)したときに,

『マシだってことだよ。言いたいことを言えないでいるとどんどん自分を嫌いになってくだろう。人に嫌われるよりも,自分で自分を嫌う方が何倍も辛いじゃないか。』

なんか楽になりました。そういうことかと。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<09.3月23日(月)~3月24日(火) | TOP | 09.3月21日(土)~3月22日(日)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/121-8af2f1a3

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。