--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/06 (Sun) 09.3月31日(火) ~4月1日(水)

名前:あいこ 日付:3月31日(火) 2時45分
凄まじい。こういう演奏を見ると、演奏は「しない」ことが重要なのだと思わせられる。「こういう演奏がしたい」と思うのでは、駄目だと思う。そうしたらゴールが見えてるわけでしょ?「こういう演奏はしない」っていうような、逆の方向というか、そっちの方が楽しいよね。広がる。まあ本来演奏ってそういうものだったっけ。俺がずっと演奏から離れているから。ジャズやってりゃ、そういうのは感覚的に身につくからな。慣れというか。いかにマイナスへ行くかなんだよな。反対へ行くか。それがクリエイトだと思うんだけど。頭で考えたってわかんないけどね。上手い人とやれば分かる。下手な奴は「こういうことがしたい」ということしか頭にないから(笑)、そういう奴とやっても意味がない。「つくる」んじゃねえんだよ、「つくらない」んだよ。それは物凄く難しいわけ。「つくる」っていったら、頭にもう描いちゃってるでしょ。もう駄目なの。積極的に「やらない」わけ。積極的にだよ。それがクリエイトだと思う。超難しいよ。俺、その現場に戻れって言われたらびびるもん。まあ、俺は演奏から逃げているともいえるな。最後にジャズやったのは去年の6月か。一年経つじゃん。
http://www.youtube.com/watch?v=9jFL1KuvSyo&NR=1

名前:あいこ 日付:3月31日(火) 2時52分
下のは、もちろん演奏「中」の話ね。そりゃー、普段は「こういう演奏がしたい」っていうの、あるよ。「出来るようになりたい」かな。実際、現場でどういう演奏するかなんて自由にならないんだし。佐野康夫みたいな演奏に憧れているけど、ジャズのセッションで演奏したら「エルヴィン・ジョーンズみたいだった」とか言われたりする、そんなのは普通だからね。逆に「エルヴィンみたいにやろう」と思ってやったら、ならないでしょ。ならないっつーか、「みたいに」って時点で周りの演奏者からは「やってらんねーよ」って思われるだけだからね。

名前:あいこ 日付:3月31日(火) 3時7分
っていうか、びびって当たり前だよな。音楽をつくることが生半可なことであるはずがない。「音楽をつくる」っていうことを当たり前のことのように思っていたというか、なめていたのかもしれないな。つくる意志のある人とやる場合だよ。気を抜いただけで殺されるっていう、そういう雰囲気があるわけだから。問題は俺の方に、他の演奏者が気を抜いてたら殺す、っていうくらいの真剣味がないことじゃないのか。自分で自分が生ぬるいと感じるものな。創作に対する熱意がない。だから演奏やってねえんだとも言えるんだけど。まあ、どっちにしろ中途半端なことには変わりねえ。ある程度以上に健康じゃねえと創作どころじゃないしな。欲求がねえんだから。言いたいことなんてねえんだよ。

名前:あいこ 日付:3月31日(火) 4時50分
まるで俺が演奏しなければならないみたいな書き方だな。そんなことしてる場合じゃねーっての。

名前:あいこ 日付:3月31日(火) 5時11分
何度も何度も確かめるように
好きだと言うね

名前:あいこ 日付:3月31日(火) 5時23分
今日一日は、意味がなかった。「一日のうちに何か一つでも発見できればいい」なんて言ったりするでしょ。俺は今日いろいろ発見したよ。だからこそ無意味だって言ってんの。俺が求めているのは極めて限定された範囲のものだ。発見なんてしようと思えばいくらでも出来るわけよ。いろんなものを見て、いろんなことをすりゃーいいんだから。すべての人の生き方が同じになるわけだ。大事なものなんて何にもないということだろ?いろんなものを見たり、いろんなことをするのに抵抗がないということは。

名前:あいこ 日付:3月31日(火) 14時5分
サンボーンがかっこいい
http://www.youtube.com/watch?v=00tzcnyDL68&feature=related

名前:あいこ 日付:3月31日(火) 15時51分
俺はaikoの音楽が聴こえない(感じられない)状況に自分を無意識のうちに追い込んでいるのは間違いない。いまは無感覚というフィルターを通しているから、aikoの音楽を聴くことが出来るけれども、人間がおどろおどろしく感じられる状況でaikoの音楽を聴いたらどうなるのだろうかと考えると、おそろしい気がする。

名前:あいこ 日付:3月31日(火) 18時53分
久し振りに泣いた。いつ以来だったっけな?一週間振りくらいなのかな。泣けるものがあることは嬉しいですね。生きてたんだなって思う。

名前:あいこ 日付:4月1日(水) 2時2分
自分にとって何が必要なのかはなんとなく分かる。この、瞼のめくれたような、自分の目は世界を見ず、目自身の奥深くを見るような、何も見えない宇宙の闇の中にいればね(笑)、自分にとって究極的に何が必要なのかは、おぼろげに浮かび上がってくる。何もない世界だから。マーブルのようによどんだ世界。深い夢のような。それでも、「これが必要なんだろうな」とおぼろげに理解できるだけであって、愛着だとか、親しみのようなものを感じることはない。もちろん、俺は「永遠に落下し続けるような、何にも繋がれていないような無重力(観念しか存在しないような夢の、マーブルのようによどんだ、実感の、色彩のない日々。目は開いていても、そこに映し出されている世界が、「現実の」外の世界であるように感じられず、自分の脳内を映しているようにしか感じられない)」の中で、自分が何を求めているのかを「理解」すること、これを望んでいたわけだから。決して楽ではないがね。楽を望んでいるわけでもないからね。

聴覚情報も、視覚情報も、すべて脳内のことのようにしか感じられないわけです。溶けている。マーブルのように溶けている、夢のような日常。眠ろうとしている自分がおかしい。起きている間も、覚醒しているようには感じられないからだ。そこで、夜になるから眠ろうとするけれども。起きていたんだっけな?眠れば、明日も起きるのだろう。そして夢の続き。目は開いているけれども、実は目を閉じている。今日一日は夢であったと解釈した方が腑に落ちる。

名前:あいこ 日付:4月1日(水) 2時19分
目を閉じていても、見えてしまう。目を開ければ見えない。目を閉じると、目の中がとてもよく見えるので、眠れない。耳が聴こえない。時計の音がしている。しかし聴こえない。音がしているのは分かる。耳を塞ぐ。少し楽になる。粗齬がなくなるからだ。目は開いていて何も見えない。開いているのに見えないというのは苦痛。だから目を閉じる。見える。しかしこれだと眠れない。閉じても駄目、開いても駄目。逃げ場がない。こういう時、眠ろうとするのを諦めていたっけな?体は疲れている。しかし今日は頑張って眠ってみよう。意識が…

名前:あいこ 日付:4月1日(水) 2時21分
目を閉じた時に見えるものがうるさい!!!

名前:あいこ 日付:4月1日(水) 2時28分
普通は、目を閉じて何も見えなくなり、目を開けて見えるようになる。俺の場合逆になってる。目を開けてると何も見えず、目を閉じると見える。何かが狂っている。昨日寝たのが遅かったからだな。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<09.4月1日(水)~4月2日(木) | TOP | 09.3月29日(日)~3月31日(火)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/126-f93f2b8c

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。