--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/21 (Mon) 09.4月7日(火)~4月8日(水)

名前:あいこ 日付:4月7日(火) 10時38分
俺の考えるジャズ的なものというのは、裏切ることというか、逆を行くというか、常に(一瞬たりとも)いま自分のいる場所を見ていない、常に違う場所を見ている、常に心は違うところにある、という、常に次の瞬間にどこに行くのか分からない、そういうのがジャズ的なものだと思っているんだけど、佐野康夫の演奏はそういう演奏だね。

名前:あいこ 日付:4月7日(火) 18時6分
「何がしたい?」「何を望んでる?」と聞かれたら、「死にたい」って答える。それしか言葉が出てこないんだよね。

名前:あいこ 日付:4月7日(火) 20時57分
来た…!来た…!この、何も、見えない感じ…!恐怖が…呼んでいる…!欲望が…呼んでいる!

名前:あいこ 日付:4月7日(火) 23時56分
今日の一枚:Jazz Composers Orchestra / Michael Mantler

素晴らしい音楽だ。セシル・テイラーのピアノが凄まじい。
http://www.amazon.co.jp/Communications-Jazz-Composers-Orchestra-America/dp/B00000321H/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=music&qid=1239115093&sr=1-4

名前:あいこ 日付:4月8日(水) 11時53分
この世界においては、俺の他には一人の人間しかいない。去年の七月からずっと、そうは感じていなかったけどね。俺はずっと、あらゆるものに囲まれていた。すべてゴミのようなものだった。ある人間に「これを好きになれ」とか、観念を注入されてから、何も好きになれなくなった。

少しずつ、「自分の意志で生きている」という実感のようなものを取り戻しつつあるのかも知れないな。ほぼ一年間、ずっとそれを失っていたということになるな。

名前:あいこ 日付:4月8日(水) 17時30分
どうあがいたって死ぬ時には生まれた時と同じままというわけにはいかないんだからな。

名前:あいこ 日付:4月8日(水) 18時41分
努力っていったってさ、自分にまったく関係のないこと(つまり好きではないこと)に、無理やり深くコミットしようとしたって、擦り減るだけで何もいいことなんてないからね。俺は一年間ずっとそういう生活してきたんだけど。まだ抜け出してない。もう人生手遅れなんだろうけどね。誰かにそうはっきり言ってもらった方が楽な気がするね。「おまえの人生はもう手遅れだ」ってね。事実を直視しない欺瞞ばかりにあまりにも長いこと付き合わされ過ぎたからね。なんで「死ね」って言ってくれないのだろう?俺は「死ね」って言って欲しいんだよ。わけのわからない理屈を付けて「生きろ」って言われるんじゃなくてね。俺に対して生きて欲しいと思ってるやつなんて一人もいないんだから。そりゃそうだろ。誰だってそうだよ。自分に生きていてくれることを望んでる人間なんて世界に一人か二人いればいい方だろ。「生きろ」とか軽々しく言ってるやつは言葉に振り回されてるだけだろ。それが「死ね」っていう意味を持っているのにも気付かずにね。「死ね」って言われれば本当にすっきりするんだよ。でも「生きろ」って言わなきゃいけない、他人のために何かをしなきゃいけない、という使命感(笑)を持った人が多くいるわけだよ。一人で自分のことだけを考えて生きてろって言いたいけど。人に対して何かを与えられると思えるほど自分の人生に満足してるやつがいるわけ?人と自分は同じ人生を生きてるとか思うなんて、それ以上人の価値を貶めるようなことはないね。「俺はこれが好きなのだ、だからおまえもこれを好きにならなければいけない」だなんて、友愛的なものから最もかけ離れたものではないか。他人に興味を持っている振りをして、その実は他人に興味なんてまったく持っていない、あらかじめその他人の価値を貶めた上で自分のその「素晴らしい」価値観を植え付けることしか考えていないのだ。それが「他人のためにつくす」ことなんだろう。こういう欺瞞にはもうこれ以上付き合いたくないんだ。

ここにこう書いていることも、殆んどの人間には理解出来ないんだろうな。下手をすると、こういうことを言っている俺のことを「悩んでいて助けを求めている可哀想な人間」という風に見なして、「正しい」方向に導こうとしてくれようとするやつも出てくるのかも知れない。

名前:あいこ 日付:4月8日(水) 18時52分
俺は別に特別に悩んでもいない(人並程度だ)。俺は単純に攻撃され、ダメージを受けただけだ。

みんないろいろ考えるところがあって生きているのだろうけど、俺は俺以外の人間がどのように生きようが死のうがまったく知ったことではない。死ねば死んだで、結局そいつは一人で生きて一人で死んだ。俺だって一人で生きているわけで、一人で死んでいくだろう。みんな同じだよ。各々の問題と向き合いながら生きてる。結局、人と人が、各々の向かい合っている問題と、お互いにどれだけ理解しあえるのかなんて、俺には興味ないね。理解しようとしたって無駄だからね。別なんだから。だから尊重するのは当然だと思うんだけどね。当たり前過ぎることだよな。だから素晴らしいんじゃないの?「違う」ってことを認めないのは愛とは最もかけ離れたものだよね(笑)。

名前:あいこ 日付:4月8日(水) 21時0分
俺は「感動」って言葉が好きじゃないんだけど。それは、それがポジティブな意味合いでしか使われていないからなのかな。もちろん、俺だって音楽だってなんだっていいけど、何かを見て、何か感じることはあるよ。けど、それは多くの場合、ポジティブな意味合いだけではないんだよね。俺はよく泣くけどさ、悲しいから泣いてるの。その悲しさの中に嬉しさもなくはないんだろうけどさ。「切ない」っていう言葉で表現されるもののことを言っているんだと思う、俺は。この「切ない」って感覚がなくなったら、もう生きている意味はないと思う。俺がこの人生に求めているものはそこにあるから。

名前:あいこ 日付:4月8日(水) 22時41分
「感動」じゃなくて、「感覚」が大事だと思うね。感覚すること。飯がうまいとか。この子かわいい、とか。楽しい、とか。それらが符牒になるわけ。次に繋がっていくんだね。そういう中に生きている実感のようなものも生まれる。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<09.4月9日(木)~4月11日(土) | TOP | 09.4月5日(日)~4月7日(火)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/131-f8ac5248

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。