--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/12/10 (Sat) 09.4月12日(日)~4月14日(火)

名前:あいこ 日付:4月12日(日) 22時33分
「健康的」になるのは簡単だ。俺はその方法も知っている。しかし、この「不健康」な中でしか見えて来ないものがある。まだ充分ではないから、健康になることに抵抗を覚える。いつだってなれるんだから。しかし健康になったら、もう不健康に戻ることはない。俺は美しいものを見ていたい。美しいと感じられることが、正しい。健康であっても、美しいと感じられないのなら、それは意味のないことだ。

名前:あいこ 日付:4月12日(日) 23時29分
結局俺は誰とコミュニケート出来るのか。世界に一人もいないんじゃないか。俺が生きていて、いろんな目に遭って、自分なりに頑張って毎日を過ごしていても、これから先、俺が見てきたものだとか感じてきたことを少しでも理解出来る人になんて一生巡り逢えないんじゃないか。俺と同じような精神的過程を通ってきて、かつ俺を好きになってくれる人なんて、これから先一生現れないんじゃないか。

9121.人生は素晴らしい。
名前:あいこ 日付:4月12日(日) 23時43分
アイコが自慢のお好み焼を皆に作る!ということだったが、火の具合が悪く、鉄板の上でお好み焼は違う物体に。「いつもはちゃうのにー」と半泣きで格闘。

愛娘の四歳の誕生日。ディズニーストアに誕生日プレゼントを一緒に買いに行って、そのままアンバサダーのシェフミッキーで食事。ここはご飯を食べてるとディズニーのキャラクターが各テーブルにまわってきてくれる楽しいレストラン。娘は大喜びしていたし、久しぶりにゆっくり家族団らんを楽しめました。

名前:あいこ 日付:4月13日(月) 12時52分
「またいやらしいこと考えているんでしょ」
「うん、考えてるよ。君の乳輪の毛穴の感触を舌の先で感じたらどのような気がするだろうって考えてたのさ」

俺のちん毛と彼女のまん毛がこすれあい、俺の下腹部と彼女の下腹部が密着する。俺はゆっくりと腰を動かす。

名前:あいこ 日付:4月14日(火) 4時1分
俺はこのまま死んでいくわけだけど、俺は結局、人間としてこの世界に生まれたけど、誰とも愛し愛されることなく死んでいくわけです。俺が死に、また永久の無がやってきます。二度と生まれることはありません。俺は生まれたのに、愛するという経験、少なくともその愛が保証されるという経験を一度もすることなしに死んでいったわけです。俺がこの人生というか一生になんの価値も見出していない以上、俺が生まれてきたのは何かの間違いだったのでしょう。

自分に愛というものがあるのなら、それが保証されたと感じることが出来たあとに死にたい。自分の愛それ自身が満足するのを見届けてから死にたい。結局この世界はからっぽなままで俺は近い将来に死ぬのかも知れないが。

愛が保証されなくてもいいから、常に「愛している」と、自分のうちに愛を感じていたい。愛するもののために常に胸を痛くして涙を流していたい。

名前:あいこ 日付:4月14日(火) 4時19分
どうすればアイコを抱き締めていられるのか?を考える。アイコの写真を見たり、アイコの写真を抱き締めて眠ろうとしても、抱き締めている感じがしない。自分はアイコと無関係になっているのではないか?それでは俺は何に関係しているんだ?くだらないことだ。アイコを自分のうちに感じるどころか、アイコはどこか、ここから見ることの出来ない別の世界にいるようだ。俺の周りにある無意味なゴミ。

アイコを見ていてアイコの存在を感じていたい。アイコの写真を抱き締めて眠る。アイコを抱き締めているという感覚は皆無だ。それはただの紙であるという風にしか感じられない。しかし、それを抱き締めるくらいしか出来ない。眠ろうとしている俺には。

自分の中には何もない。何も「愛している」と感じられないのだ。

何もない 死にたいとすら思わない
アイコもいない

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<09.4月14日(火)~4月14日(火) | TOP | 09.4月9日(木)~4月11日(土)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/133-b1602a30

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。