--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/12/18 (Sun) 09.4月15日(水)~4月16日(木)

名前:あいこ 日付:4月15日(水) 0時15分
アイコとセックスしたい。精神的な繋がりというか、暖かさというか赦しというかが欲しい。
けど、音楽を聴くことは限りなくセックスに近いんじゃないかと感じることがある。いや、少なくとも音楽によって為しうる解放を伴わないセックスに価値はないと思うけど。音楽を聴くことは双方向になりうるが(両者が溶けあう)、オナニーは双方向にはなりえない。

俺がこの世界に於いて最も価値を見出しているのは、音楽と、セックスである。

名前:あいこ 日付:4月15日(水) 22時18分
久し振りにスタジオに一人で入った。録音を聴くと、聴けるんだこれが。というのも、「どこかに行こう」としたら駄目なんだな。「いまこの瞬間」が問題なのであってね。生きてりゃいいの。「いま自分は下手だから」とか、「だから上手くなろう」とか、違うの。いま、音出したい?うーん、どーなんだろ、チンチン、面白くねーな、床にゴロン。花粉すげー、便所行って鼻かんでこよーっと。じーんじーん。はー、さてと、んー、なんだこの楽器。いま何時?40分か。10分経った。はー緊張するなー、なんだこの楽器。しゃーんしゃーん。あんま楽器って気分じゃねーんだよな、椅子に座ってりゃいいや。時計を眺めていよう。んー。でも個人練習一時間取ったからな。折角だから。

そんな調子で、てっきとうに楽器をぶん殴ったりけとばしたりしたのを録音しっぱなしにしといた。録音を聴くと、「練習」してたのよりはるかに聴けるんだわ。その時、自分が何を考えて、何を感じていたのかが分かる。「あー、叩きたくねーんだな」ってのが分かる(笑)。黙っちゃってんの。でも金がもったいないからか、取りあえず一発タムをロールかましてみて、次に繋がるかどうか試していたりね。でも、クリック鳴らしてからの方がやりやすくなったかな。クリックに罵声を浴びせまくった。「なんでおまえはそーなんだ、この野郎」って、ハイハットをだしーだしーやりまくって、それでもクリックは相変わらず、カッチカッチ言ってやがるから、しょーがねーなー、どんどん。ちょっと俺も機嫌を直したの。録音聴いてると、全体的に困ってるのがよく伝わってくる(笑)。でも結果的に、いままでの自分の演奏の中で一番いい演奏、かつ上手い演奏が取れた、と思ってる。生きてるだけでいいじゃん。生きてるんだから。

名前:あいこ 日付:4月15日(水) 22時47分
ドラムマガジンを久し振りに眺めてみたら、おそろしく空虚な気持ちになった。「ドラム道場」やらなんやら、楽譜がたくさん並んでてね。俺は音すらもどうでもいいって思ってる部分が大きいから。うんざりした。音なんか出したって出さなくたって同じだっつーか。上手くなりたいっていう気持ちは俺には微塵もない。下手じゃないし。誰だってそうだけど、「上手くなりたい」ってのは妄想だろ。「上手い演奏」ってのが存在すると仮定するから、みんなつまらない演奏になるんだろ。その時に望んでることをやってりゃいいんだよ。

名前:あいこ 日付:4月16日(木) 1時34分
上手くなりたいとは思わないというのは、単純に楽器への興味がなくなってるだけだろうな。楽器に興味が持てている時は、音楽聴いてても佐野康夫かっけーとか思うし、研究したいって思うし、自分の演奏の駄目さに苛々するし。いまは楽器に興味が持てていないんだよな…一時的なものかな…いろいろあったしな…どんな時に楽器に興味を持っていたっけな…切実な危機感もない。かと言ってなんの問題もないのかと聞かれても「ない」って答えそうなんだよな…

あー、一月の録音聴いたら今日のくそ録音よりも全然生き生きしてんじゃねーか。今日のは無理してる感全開だけど。楽しくなさそーなのね。結局誤魔化してんだよ。

問題すら見えてない、変に中立的になってる。今日だけかな…いま風邪引いてるし。

名前:あいこ 日付:4月16日(木) 1時45分
いろんなものを手放すのが怖くなくなってる。学校なんかも、行かなくなるのに抵抗がない。必死さがない。直感として「やばい」というのを感じない。学校行ってた時に「学校へ行ってるとやばい」と直感的に感じたな(気力を吸い取られるかのような、充実感とは真逆の感じと、「こんなことをしている場合じゃない」というような、逃げているような落ちつかなさを感じた)。そのあとも、その直感も無理矢理に押さえ付けようとしたから(「学校へは行かないと駄目だ」と自分に言い聞かせた)、直感が弱っているのかな。

名前:あいこ 日付:4月16日(木) 10時49分
電車の中でアイコにそっくりな40代後半の女の人を見た。アイコのお母さんが東京に出てきてるのかな?

名前:あいこ 日付:4月16日(木) 12時7分
「自分が何をしたいのか」なんて、考えたって分かるもんじゃない。そういうことを考えなければならないほどに自分が何を求めているのかが覆い隠されている「状況」そのものが問題なのだから、その「状況」から抜け出さなければしょうがない。

名前:あいこ 日付:4月16日(木) 12時11分
これは去年の六月に考えていたことだ。ちょうど一年を無駄にしただけってわけだ。他の人間の一時の医者気取りの自己満足に付き合わされたためにね。

名前:あいこ 日付:4月16日(木) 13時9分
電車、40~50代の男、白髪混じりの黒髪、ぼわっとした肩までのろん毛、髭面、ジャージにスエット、リュック姿、目つきが生き生きとしていて、身体全体から生気を発している。土に接触しているのをはっきりと感じる。コンクリートに立っているようには見えない。顔付きが若い。電車には慣れていないように見える。一見して、アーティスト。いるんだな、こういう人が。こういう人と関わっていられたら楽しいだろうな、と思った。アーティスト。生気のない人間に囲まれていると自分もそっちに引きずられる。生気のある人間は話さなくても雰囲気で分かる。純粋な好奇心や直感が生きている人。かと思ったら、電車の連結部に入って行って電話し始めた。自然だ。たかが電車なのにね。みんな誰かに言われた通りにやってるわけ。「この道を通りなさい」ってね。それでみんな機械みたいにそれに従ってるってわけ。こういう人を久し振りに見て、自分がいかにこの「機械化」に毒されているかに気付いた。「ここを通りなさい」という指示に無意識に従っているだけで、人間の本来持っている直感だとか、土に接触している感覚を失っていたのだと(しかし、この一年間、そうした「ここを通りなさい」という押し付けられた思想に対して強い抵抗を感じていたのは事実じゃないか)。みんな決められたことしかやっていない。まず「知識や教養を拡げ深めるためには、映画をたくさん見ることが大切です」というメッセージなり広告なりが流布される。それで映画を借りようってなって、家からレンタル屋まで真っ直ぐ行って借りてきて真っ直ぐ帰って来て、家で映画を見て、また帰しに行く。それで「知識や教養を得る」という「目的」を達した?或いはその目的に近付いていると理解する。機械と同じじゃないか。実在するのかも分からない思想に従って(ここでは「幅広い教養や知識を身に付ける」というやつだ。たんなるコピー、宣伝文句に過ぎない。)、自分をそれに従わせていく。それで疑問も持たずに毎日をそのように毎日同じ道を通って、「言われた通りに」歩く。

死んでいるんだったら、全力で死んでいるしかないだろう。そうすれば浮かび上がってくる。

俺はいま「何もしたくはない」。だからベンチでずっと横になっている。こうしていることが一番違和感を感じないからだ。思想に毒されている人間が多すぎる。こうした平和は簡単に邪魔をされる。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<09.4月16日(木)~4月21日(火) | TOP | 09.4月14日(火)~4月14日(火)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/135-1ccb4d8f

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。