--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/01/08 (Sun) 09.5月3日(日)~5月4日(月)

名前:あいこ 日付:5月3日(日) 9時54分
関係ないけど、いい曲。由利あけみ。
http://www.youtube.com/watch?v=au7njw4nzWw&feature=related

名前:あいこ 日付:5月3日(日) 14時20分
俺は苦痛を苦痛として認めることが苦手だ。というよりも、日常的に苦痛を無意識に認識しないようにする習慣がある。「苦痛なのか?」と聞かれても「わからない」としか答えられない。でも、楽であるわけがない。

名前:あいこ 日付:5月3日(日) 17時25分
アシッドだ。からだの中を酸が焼いていく。かあーっとなっている。目の内側に黒い膜がべったりと張り付いているみたいで、世界が何も見えない。もちろん何もやりたいことなどない。世界の何もかもが攻撃的で、神経に障る。だから目をつぶり、耳を塞ぐ。目をつぶっても、視覚からは逃れられない。世界がうるさい。ここ何日間か、一日じゅうこのような状態が続いている。目をつぶって息をしていないでいるのがいちばん楽かな。一秒一秒を耐えしのぶ。

名前:あいこ 日付:5月3日(日) 17時36分
そんな感じなのでぼくはもう無理です。次の段階に行きます。

名前:あいこ 日付:5月3日(日) 18時10分
というか、「苦しい」と言ってはいけないわけでしょ。苦しい人間なんてこの世に一人もいないんだから。楽しいって言わなきゃいけないわけでしょ。この世に生きてる人間はみんな等しく楽しいんだから。だから「苦しい」って言ったらそいつは嘘つきってわけ。

名前:あいこ 日付:5月3日(日) 23時47分
ぼくはそろそろ生きるのを始めようと思ったわけ。

名前:あいこ 日付:5月4日(月) 0時26分
現実(=リアリティー)とは何か?現実とは、「現実である」と感じられるものを指す(と考えていた)。現実にもいろんな形がある。安易な実感を手にし続けることに抵抗を覚えていた。確かに、これは、無重力、真っ暗闇だ。俺は「戦い」を辞めることになるのか?俺は本当に、ただ単に「リアル」から逃げていただけだというのか?目まぐるしくエネルギーが通う感じ…あれが怖かっただけ?ただ単に、俺はアイコから離れているのが怖かった…学校へ行って…アルバイトをして…一日の大半の時間、アイコから離れなければならないのが怖かった。アイコに関することで未整理の問題が多すぎるのだ。だから、忙しさから解放されて、aikoの問題とじっくりと向き合ってみたいと考えていたのだ…そうだ、環境には環境の求める行動がある…俺はこの環境、学校もアルバイトもない…この環境は、「aikoと向き合うため」に選んだものじゃないか。だから、一日の大半をaikoのために費やさなければ、苦しくなるのは当たり前じゃないか。なんのために学校やなんやかやを犠牲にしているんだ?aikoを起きている間じゅう見ていなければならないはずだろう?別に学校へ行くのを辞めたことや、アルバイトを辞めたこと自体はそんなに間違ったことではないはずだよ。問題は、aikoを見ることに一日の大半を費やしてはいないことだよ。つまり、aikoと一対一になりたかったんだろ?言ってみれば、真剣勝負の一騎打ちがしたかったんだろう?学校へもアルバイトへも行かなければ、自分の「本当に大切なもの」が自分に対して揺さぶりをかけてくるはずだからな…当然命懸けにもなるわけ…だからこれからが勝負なんじゃないか?いま、この異常な症状が起こっているということは、俺の無意識が本格的に姿を現したってわけ…aikoを見続けていれば、緩和される?つまり、aikoによってコントロールされていると感じる…それが、とても嬉しいわけ。aikoを見ていないことによって、死ぬような苦しみを受ける。aikoを一日じゅう見ていなければ、文字通り「生きて」いけなくなる(比喩的な意味ではなく、身体症状のために、自殺に追い込まれる可能性がある)。しかし、自殺をする必要はない。aikoに戻ってくれば、aikoが助けてくれる。苦しみも、aikoがいるためにあるのだから。問題は、俺が「aikoが必要なんだ」と思っていなかったこと?

名前:あいこ 日付:5月4日(月) 1時37分
ていうか無理。ここは駄目だ。学校へ行こう。アルバイトも始めよう。その前に病院へ行こう。

名前:あいこ 日付:5月4日(月) 18時58分
人体模型みたいに皮膚が全部剥がれて筋肉や眼球がそのままむき出しになっていて、周りの人間の話す声がとがった刃物になって、その赤い筋肉やむき出しの眼球を直接に攻撃し、「いちじくいちじく」という音がする。耳を塞いでも駄目。

名前:あいこ 日付:5月4日(月) 19時23分
自分が、間違っていると思う観念、植え付けられた観念も含めて、それが間違っているんだと、俺以外の誰かも、俺に言ってくれないと、俺はその誤った観念に縛られ続けるんじゃないか。俺一人が、それを「間違っている」と思っているだけでは、俺はその観念から自由になれないんじゃないか。俺が「これは間違っているよね」と言って、それに対して「うん、間違ってるよ」と言ってくれる人というか、言ってもらえることが必要なんだと思う。そういう人が一人もいないから、俺はその考えに支配され続けているのかも知れない。俺が「間違っている」と言っても、この世界の俺以外の人間は全員、「間違っていない、間違っているのはそれを間違っていると思っているお前の方だ。お前は正しい考え方に導かれたのだ。いまのお前は最高に楽しいのだ。楽しくないというのなら、お前は嘘をついているのだ」と言うと思うから。「間違っている」と思っている俺のことを、「可哀想な病気の人間」と見なして、俺の考えや価値観を矯正しようとしてくると思うのね。「間違っている」と言っている人間は世界に俺一人だと思うの。味方は誰もいないと思うの。「間違っている」と言っても誰も同意してくれないもの。

名前:あいこ 日付:5月4日(月) 19時46分
俺はここで死んでも何かを失うのだろうか?もともと生まれる前はゼロだったし、またゼロに戻る。それだけのことじゃないか。

名前:あいこ 日付:5月4日(月) 19時47分
助けてよ

名前:あいこ 日付:5月4日(月) 20時2分
助けなくていいよ。というかここに何を書いても何の意味もないな。気付くのが遅い。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<09.5月9日(土)~5月15日(金) | TOP | 09.5月2日(土)~5月3日(日)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/146-0a418b98

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。