--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/01/10 (Tue) 09.5月15日(金)~5月17日(日)

名前:あいこ 日付:5月15日(金) 18時54分
さっき、小さな女の子が空高く飛んでいる飛行機に向かって大きな声で「ばいばーい」って言いながら手を振っていた。

名前:aiko 日付:5月16日(土) 12時46分
心身症の障害は加害者の攻撃から直接引き起こされるわけではない。被害者が身動きですることができないという状態から来ているのだ。被害者が何をしてもそれはまちがっていて、起こったことはすべて被害者の責任になってしまう、その状態から抜けだせないことから来ているのである。

名前:aiko 日付:5月16日(土) 12時55分
抑うつ状態に陥ると、被害者は疲れて、元気がなく、自分が空っぽになったと感じる。そうして、なんに対しても興味が持てなくなり、考えることもできなければ、ほんの小さなことに集中することもできなくなる。自殺の考えが生まれるのはこの時だ。その危険は被害者が騙されていたとはっきりと感じ、もうどうやっても自分の正当の権利は認められないと思った時にいちばん大きくなる。だが、思いあまって暴力的な行為に出た時と同様、被害者が自殺をしたり、あるいは自殺未遂をすると、加害者のほうは相手が頭のおかしい人間だったと確信を抱き、自分の行なったモラル・ハラスメントを正当化する。

名前:aiko 日付:5月16日(土) 13時15分
加害者から非難された時に、弁明をする必要もない。モラル・ハラスメントを受けた被害者は、いつも加害者に弁明をしつづける。相手の言葉は嘘と悪意に満ちている。それを考えれば、弁明したくなる気持ちはよくわかる。だが、そんなことをしても、泥沼にはまるだけだ。あげあしを取られたり、ミスをつかれたり、あるいは善意までねじ曲げられて、結局はあらたな攻撃の材料に使われてしまうからだ。モラル・ハラスメントの標的になった瞬間から、すべては相手に利用される。いちばんいいのは黙っていることである。

名前:aiko 日付:5月16日(土) 15時0分
苦しいと感じているのを「嘘だ」と抑えつけるのが習慣になっていたと思う。自分は苦しくないと思い込ませる。そういう習慣から、自分は苦しいと感じているのか、感じていないのかが本当に分からなくなってしまったというか、自分がどのように感じているのかを、自分でも分からなくなっているように思う。周りの人間から「お前は苦しくなんかないのだ」と言われ続けていたように思うのだけど(実際には言われていないのかも知れない)、そのように「言われている」と常に感じていたように思う。「苦しい」と思う。そこで誰か他の人間の「お前は苦しくなんかないのだ」という声が頭に浮かぶ。「そうか、苦しくないのか」と思う。そういうプロセスが日常的に繰り返されていたと思う。

名前:aiko 日付:5月16日(土) 15時32分
素直な感想として、これから先、自分は生き残るとしても、「死んではいない」という状態から抜け出すことはできないような気がするのね。同世代の人間は、就職をどうするかとか、将来やりたいことがどうとか考えているんだろうけど、俺はその段階にまで一生到達できないような気がする。死んだら終わりでしょ?だから死なないでいるんだけど。だけど、自分の人生を良くしていこうとか、自分の希望を達成しようというような視点はないの。自分ってものが、「これが自分の考えだ」とか、「これが自分の感じ方だ」「これが自分の価値観だ」というように、信じることが出来ないのね。日々は過ぎていくけど、自分の感じ方や価値観が存在しているようには感じられない。「これが自分の感じ方だ」とか、一生信じられないで終わるのかもしれないな。耐えられればの話だけど。「なんで生きなきゃいけないのか」という考えの方が強いからね。死の方へ向かっているのは感じる。「収入はどうするのか」とか、そういう話を聞いても、それは自分が生き残るために必要なものでしょ?或いは、自分の人生上の希望を達成するためにね。俺には関係がないように感じられるというか、食っていくのに困るようになったところで、俺は死なないように踏ん張れるのかどうか、自信がない。「収入」とか、なんでそんなくだらない話をするんだろう。これから、自分に、より良い人生が待っていると信じている人がそういうことを考えるんでしょう?自分の人生上の目標とか…それを達成できないと困るから、努力するんでしょう?だって明日死んだっていいんじゃないの。死にたくないわけ?俺にそういう話をしてくるってことは、俺が死にたくないと思っているとでも思っているのかな?まだ生きるつもりでいるとでも思っているのかな?その日その日を誤魔化しているだけなのにね…なんで死ぬのが嫌なの?

名前:あいこ 日付:5月16日(土) 18時10分
一つ言えることは、俺はアイコの顔など、姿を「アイコ」として見てはいないということだ。俺にとってはアイコの音楽が「アイコ」であって、そこから想像される人間を恐らく愛しているだけなのだ。だから、アイコの写真などを見ても、俺にとっての「アイコ」と一致しない。まあ当たり前だな。だから、俺はアイコの姿を見たいとは思ってはいないと思う。

名前:あいこ 日付:5月16日(土) 18時41分
つまり、俺にとって、アイコってのは姿や形をとってはいないんだよ。もっともやもやしたものなんだよ。だから、「人間」の形をまとったアイコをテレビなどで見ても、俺はそれをアイコだとは思わない。俺にとっての「アイコ」とは、もっと液体みたいな形をしている。そもそも視覚じゃないし。聴覚を通したイマジナリーな存在でしかない。というか、人間の形が想像されるんだったらそれは芸術ではないしね。「音楽は視覚的なものだ」とかいう人がいるけど、俺は音楽にそういうものは求めていない。俺は「人間」に出会いたくて音楽を聴いているだけ。俺は生身の人間には殆んど興味はないんだと思うよ。もっとね、ぐしゃぐしゃしたものを追い掛けていきたいと思っているだけ。やはりそれは音楽の中にしかないんだけど。

名前:aiko 日付:5月17日(日) 0時46分
もっと言えば、「人間」なるものは、人間の姿かたちをとってはいない。

名前:あいこ 日付:5月17日(日) 1時57分
人はいつかは「必ず」死ぬのだという考えが浮かんだ。恐ろしくなった。しかし、そのことをずっと忘れていた。永久に生きるものだと思っていた。

名前:あいこ 日付:5月17日(日) 3時30分
生きている間に何が出来るか?それしかない。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<09.5月17日(日)~5月18日(月) | TOP | 09.5月9日(土)~5月15日(金)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/148-095f6fff

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。