--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/01/28 (Sat) 09.5月21日(木)~5月22日(金)

名前:あいこ 日付:5月21日(木) 23時36分
サラリのぼる
主人公。性格は新聞4コマ漫画の主人公にしてはかなり短気。
趣味はテレビ鑑賞・パチンコ。阪神ファンで優勝した時は風呂に飛び込んだりもしている。
よく他人の家(特に社長宅)を窓の外から覗き込む癖がある。大阪出身らしい。
なお、一度改名している。改名前の名前はサラリ・アゲローだった。

咲子
妻。性格は短気で見栄っ張りでヒステリック。一見巨乳だがパット入り(たけし談)。
趣味は買い物・カラオケ。韓流ドラマにはまっており「日本海を東海ていうのよ」との発言も。
やたらサラリの手紙や日記やメールを勝手に読んではキレている。鹿児島出身らしい。
なお、夫と同じく一度改名している。改名前の名前はサラリ・ペッチャン子だった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%AA%E5%90%9B#.E3.82.B5.E3.83.A9.E3.83.AA.E5.90.9B

名前:あいこ 日付:5月21日(木) 23時39分
のりこ
長女。趣味は読書。ケータイにはまっており、出会い系サイトで見つけた男を家に連れ込んだりもした。
ハムスターを飼育してたが、飼育書を読んでる最中に死なせている。やや反抗期。

たけし
長男。勉強はあまり得意ではないが、一時東大進学を目指したことがある。一時期、九官鳥をペットにしていた。

社長(氏名不明)
サラリが勤務している会社の社長。家も近所。年齢60歳位。性格は偉そうな反面、真の実力者の嫁とは不仲で、よく夫婦喧嘩話や離婚話や別居話が出てくる。小学生になる孫がいる。
なお、経営能力には問題があり、過去に拳銃購入未遂・秘書の給料横領未遂や女優のスカートの中盗撮疑惑等やらかしている。また、ボーナスや社員の昇給も嫁の顔色をうかがわないと出来ないようだ。リストラには熱心(サラリもリスト入りしていた)だが、女性社員には甘い面がある。

名前:あいこ 日付:5月22日(金) 1時10分
例えば、アイコの画像を浴びまくることは必要である。それはつまり、自分がアイコをどのように認識しているのかを確認するということだ。「アイコが誰なのかわからない」ということは、つまり、「自分がアイコをどのように認識しているのかがわからない」ということだ。だから、常に確認していなければならないのだ。その中でも、アイコの画像を浴びることは、基本的かつ、重要なことなのだ。

名前:あいこ 日付:5月22日(金) 1時21分
エクササイズとして体系化するのがいいんだろうな。毎日、パソコンに入っているアイコの画像をすべて見る。一万枚くらいか?画像を分類していき、自分がそれぞれに対してどのように感じるのかも把握していかなければならない。そのためには、まずは何も考えずに見まくること。毎日毎日、その一万枚をすべて回していく。それを何日も続けていれば、自然に自分とそれらのそれぞれの画像との関係も見えてくる。俺の恐怖する対象、アイコ(言うまでもなく、アイコを見たときに起こる感情と直面するのが怖いのだ)。

名前:あいこ 日付:5月22日(金) 1時28分
というか、俺は逃げているものがあるということを、何ヶ月も忘れていた。肝心のものから逃げていて、どうでもいいことに時間を費やしていただけだった(学校とか楽器とか)。俺は少しでも近づいているのか?少しも近づいていない。未だにアイコの画像を見ることすら避けているじゃないか。避けていることすら、それに直面しなければならない(心の底ではそれを望んでいる)ことすら忘れていたではないか。

名前:あいこ 日付:5月22日(金) 1時35分
俺はアイコをどのように認識しているのか?それを知ること。

名前:あいこ 日付:5月22日(金) 1時37分
俺はいままで何をしていたんだ?2年前くらいから何も進んでいないではないか。未だにアイコのことは少しもわからないままではないか。

名前:あいこ 日付:5月22日(金) 2時6分
アイコを見たときに起こる感情を恐れていたということすら、なかったことにしようとしていたわけ。無意識のうちにね。「アイコを見ても何も怖いとは感じないんだ」とかね。少なくとも俺の場合、アイコを見ることから逃げているあいだは、人生は少しも前へ進まないし、何もないままに過ぎていくだけだ。いま、ふと気がつくと5月の中頃になっているわけよ。

怖ろしく空っぽな時間が過ぎ去っていたってわけ。俺はこの数ヶ月を三日間くらいにしか感じられないわけよ。それだけ無為だったってことだ。その渦中にいる間は、ただ苦しいだけで、自分が無為な日々を過しているということすら自覚していないわけ(自分を動かすものがまだどこかにあるということを知らないのだ)。だからただ死に向かうのを感じる。理由はわからない(その渦中にいる間は)。しかし、理由はある。ただ自分の逃げているものを覆い隠しているだけだ。自分が逃げているのだということを感じないで済むようにしているからだ。自分が逃げているという事実すらなかったことにしてしまえば、もうその世界には何もなくなるのは当然のことだろう。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<09.5月22日(金)~5月25日(月) | TOP | 09.5月18日(月)~5月21日(木)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/151-10146b5e

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。