--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/01 (Thu) 08.5月13日(火)~5月18日(日)

名前:あいこ 日付:5月13日(火) 20時41分
サラミちゃんて性格わるいよね、って思う時があります。自分勝手で、まわりに迷惑をかけてばっかりだし。でも、それはサラミちゃんも、ちゃんとわかっているんですよ(たぶん)。目の前に壁があれば、こわす。こわすってことは、自分も、痛い思いをしているはずなんです。それでも、止められないんです。止めてまで、生きていたくないんです。きっとそんなところが魅力だと作者としては思っているんですよ。

名前:あいこ 日付:5月16日(金) 23時38分
見たことがない。まるで子どものような…小学生くらいの子どものように見えた。けれども知性は鋭く、スタイリッシュで乾いている。クールだ。年は24・5だろう。圧倒的だった。鋭い知性、少年性、スタイリッシュで、クールで乾いた表現。これはぼくの求める表現だけれど、これを外見の印象で表現する人は生まれてはじめて見た。

名前:あいこ 日付:5月17日(土) 21時7分
山崎がいる。山崎を思い出せ。俺だけじゃない。自分の信じるものを見失わなければいい。周りは関係ない。自分と、自分の信じるもの、それだけの関係だ。自分の信じる価値を一人で追いかけていればいい。何かを愛するという気持ちは絶対に残る。

7917.どこであれそれが始まりそうな場所で
名前:あいこ 日付:5月18日(日) 23時28分
みなさんはそこから自分の人生が進むべきへ進んでいく、というしるしのようなものの存在を感じたことがありますか?ぼくはあります。いまのぼくにとってのそのしるしとは、アイコの動いている姿であったり、アイコがラジオでしゃべっていることだったりします。そのしるしを目にすれば、ぼくの人生は進むべき方向に滞りなく進みます。進んでいる音が聞こえるんです。物事は流れるべき方向へと流れます。しかし、このしるしの存在を見失ってしまうことがあるんですね。ぼくの場合は、アイコの動いているところを見ない、とか、アイコのラジオの録音を聞かない、とかです。それらのしるしをずっと見ないで過ごしていると、自分がどこへ向かいたいのかがまったくわからなくなってくるんですね。そういうときには、なにをしたって間違っていることをしているように感じられます。進もうにも、どこへ進むのか?そういうときに、アイコの動いているところを見たりするでしょう。そうすると、それをずっと見ているんだ。そして、確かな手ごたえを感じるんだ。正しいことをしているという実感があるんだ。そして、そこは物事が始まる場所なんだ、と思うんですね。ぼくの場合は、そこからしか、なにも始まり得ない、ということになるんですね。ここ数ヶ月のぼくは始まってもいなかったってことです。

アイコの表情の中から自分の人生が抜け出ようとしているのが見えるんです。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<08.5月21日(水)~5月21日(水) | TOP | 08.5月11日(日)~5月13日(火)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/19-ba1f2dff

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。