--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/16 (Sun) 08.7月20日(日)~7月22日(火)

名前:あいこ 日付:7月20日(日) 21時19分
ポジティヴシンキングか…笑わせる。悪いことを良い方へ考えることを勧めてくる人間がいる。「悪いこと」ってなんだ?俺には「良いこと」と「悪いこと」の区別がつかない。「良い方」ってなんだ?「悪い方」ってなんだ?どっちが良い方で、どっちが悪い方なのかが分からない。

悪いことなんて何もない。良いことなんていうのも何もない。ただ、自分の見てきたものすべては、経験として、記憶として蓄積されるだろう。それらに「良い/悪い」の区別をつけるのは不可能だし、無意味なことだろう。

よく思うんだけど、自分が見てきたもので、経験として蓄積されないものは何ひとつとしてないだろう。すべての経験(認識)が、記憶が現在の自分を作っている、それだけだろう。

ポジティヴシンキングなどと称して、下らない小細工をして自分を誤魔化していられるほど、ぼくは人生に絶望していない。自分を愚弄してはいない。

名前:あいこ 日付:7月21日(月) 0時35分
俺はね、「そこにあったはずのもの」を見ることなしに死んでいくのが怖いんだよ。それを見たら、人生はどうなっていただろうか?それすら分からない。自分の納得行くように生きないと駄目だ。周りの言うことに流されてたら駄目だ。俺が死んでも誰も責任を取ってくれない。俺は楽しいとか楽しくないかとかにはまったく興味がない。ただ、後悔したくない。

名前:あいこ 日付:7月21日(月) 20時27分
半年振りのこの感覚、悲しさを感じられることが嬉しい。でも悲しい(笑)。悲しさ「しか」ないような気がする。言葉が出てこない。悲しい、その先が…この悲しさを見届けてやろう。なんか救いがないみたいだ。それでも嬉しいのは、人生が続いていくからだろう。この悲しさがなかった時、この痛みを感じられなかった間は、自分の人生は止まっていたし、これから先動き出すのかも分からなかった。けれど、いま再びあの痛さ、悲しさを感じて、「そうだ、俺の人生はここにあった」と思ったんです。もう放したくない。ずっとこの痛さを、悲しさを感じながら生きていたい。自分の人生はそこにしか感じられないから。自分の人生を生きたい。

それで、この悲しさというのは、おそらく「知ることが出来ないこと」が悲しいんだと思うんだよね。多分、人に関することだと思う。この人の見ているようには、俺には世界が見えていないじゃないか。俺の知らないものについて、この人は涙を流しているじゃないか。この人と同じ悲しみを悲しめないことが、悲しい。俺の悲しさじゃなくて、この人の悲しさが余りにも深い、と感じて、この人と同じように涙を流せない自分が悲しい、のかな。この人は泣いている。けれども、俺はそばで見ているだけ。それが悲しいの。抱き締めたくても抱き締められないんだよね。でもこの悲しさは何故か自分の中で熱を持っている。この悲しさを感じている間は、自分の中が温かい。それが嬉しい。

名前:あいこ 日付:7月22日(火) 21時24分
なぜ怖いのか。それは、それを知らなくても順調に生きて行けそうな気がするから。だから、それを知らないで死ぬことが怖いし、 それって悲しいよなあって。知らないで過ごすなんて、物凄く簡単なんだと思う。それを知らなくたって、これからずっとすごく楽しく幸せに生きていけるのかもしれないし。だから余計に悲しいの。本当にさあ、凄く順調に生きていけそうな気がするんだよ、それを知らなくても(笑)。それが本当に悲しい。だからこそ、俺は尚更これを手放したくない。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<08.7月22日(火)~7月27日(日) | TOP | 08.7月18日(金)~7月20日(日)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/41-d15b1a34

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。