--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/15 (Wed) 08.9月1日(月)~9月2日(火)

名前:あいこ 日付:9月1日(月) 18時37分
週四日、朝の八時から夜の五時まで一人でレジとか品出しとか全部やってんだぜ?夜のやつらなんかレジ打と返品くらいしかやることなくて、たぶん殆んどの時間ぼけっとしてるかかわいい女の子のバイトとときめきなトークタイムを楽しんでいたり、せいぜいハタキで本棚をぱたぱたやることくらいしか他にやることがないんだぜ?仕事も楽なのに、店長もいないからさぼりまくりだろうし、夜は学生ばっかり(=若いかわいい女の子ばっかり)で、仕事の時間も五時から一時までの8時間だけだろ?俺なんかたまにアルバイト二人の時あっても、主婦のウルトラの母みたいなおばさんと二人で働いてるんだぜ?しかもこの人はめざとくて人のミスを見付けていやみっぽく、無感情にミスを指摘するんだ。常に、「このくらいのこと、私がわざわざ教えなくても判って当たり前なんじゃないですか」というよいな意味合いが言葉にうかがえる。ここ最近ありえないくらいかわいい女の子が二人も入ってきたけど(早稲田でも見たことない。片方は23年に一人)、二人とも予想通り夜のシフト。接点なし!朝の八時から夕方の五時まで働けるような学生なんていないのは判ってるけどさ。今度また新しい女の人が朝のシフトに入ってくるけど、見事に淑女。受け答えがこなれすぎている。俺が朝八時から夜の五時まで店長やウルトラの母にこづき回されている間に、夕方のシフトの男ども(夕方のシフトの男女比―男:3、女:5)はあの23年に一人のアイコ似のアイコファッションの女の子を仕事中に口説いているのか?それで給料が同じだと?なんだそのエンジョイ振りは、おい。とりあえず俺も夕方のシフトに移ることを視野にいれる。しかし朝は足りていないから暫くは無理だろうが。

名前:あいこ 日付:9月2日(火) 0時15分
今日、23年に一人のアイコ似よりも更にアイコ似で更にアイコファッションな女の子がいきなり事務所に入っていって、店長と5分くらい何かを話して帰っていった。この人は、店に入ってきた瞬間にびびった。生まれてこのかた見たことがない。一瞬でわかるのな。心臓が止まりそうになった。しかも事務所入っていったし。あれはもしかしたらバイトの面接か?なんなんだこの職場は。なんでこんなに若くてかわいい女の子が次々と入ってくるんだ。でももしバイトの面接だとしても、夜のシフトだろうな。どっからどうみても学生っぽかったし。昼のシフトに入る奴なんて、フリーターだとか、大学院生だとか、臭そうな奴ばっかりだろ。フレッシュな感じの人はみんな夜のシフトに行くんだよな。そして夜のシフトの男どもは楽園を築くんだ。俺が店長とウルトラの母に小突き回されている間に。でも今回の女の子がうちに入ってきたら、俺は確実に夜のシフトに移る。どのみち移るっぽいけど。昼は華やかさのかけらもない。ときめきがないと生きていけません。

名前:あいこ 日付:9月2日(火) 1時36分
もう見えなくなってしまいました。なんのために俺は働いているんだろう?俺が必要としていたのは時間だった。いまは毎日七時半に家を出て六時に家に帰る。風呂入って飯を食うと寝るまでに四時間程度。自由な時間はこれだけ。疲れているから何もしたくはならない。考えることも出来ない。そもそも、自分が何を求めているのか、働いていないときはおぼろげに見えていたのに、もう見えなくなってしまった。確かに時間だけでなく、いくらかの金は必要だった。親から金を取るのは痛かったからだ。しかし、金がないときに欲しかったものに、まったく興味が持てなくなった。時間を売って、手にした金は使い方を誤っている。俺にはもう、金で欲しいものはないのだ。生活がない…全部嘘のようだ。実感がない。金がなかった時…働いていなかった時、いまよりも実感を感じていた時に欲しかったものを手にしても、もう既にそれに対する興味はなくなっている。感触がない…痛みがない…すぐに見失うから時間が必要だったんだ…時間があれば、見失っても比較的早く、戻ってこれるものな。でも時間がないと、戻ってくるのに一ヶ月くらいかかることがある。働いていないときは二時間くらいのうちに戻ってこれたのに…実感がないまま、痛みがないまま、自分の求めているものが判らないまま、生きていても「なんの」意味もないと思うんだけどね…他人の意思によって、俺は働くことを選ばされたんだよ…お前に俺が何に対して感触を感じるのかが判るのか?俺にだって判りもしないのに?死を感じていたい。それを手放したくなかったから働かないでいたんじゃないか…金が入ってなんになる?死を感じていようと探っていた最中に邪魔されたんだ…それで中断させられたままいまに至る。それ以来、俺は「死」を殆んど見ていない。それこそが、俺にとって唯一価値のあるものだったのに…興味のないやつは働いていればいい。「死」を感じられないことに疑問を持たないんだったらそれでいいだろう。けど俺はそうじゃない。俺を真人間に更正しようとしたやつは失敗したね。いろんなものを壊してくれたよ。死んでもいいと思う。それはもう、どうでもいいというか、追っかけたいものがなくなったんだよね。まあ、しばらくは死んでもいい、どうでもいい、という感じでなんの実感もなしにこのまま生きてみるよ。夢だとか希望だとかやりたいことだとかは何もないけどね。感触がないんだよ。痛くもないし、涙も出ないし、ただ疲れてる。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<08.9月2日(火)~9月4日(木) | TOP | 08.8月20日(水)~8月23日(土)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/51-5e6dfba2

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。