--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/16 (Thu) 08.10月6日(月)~10月6日(月)

名前:aiko 日付:10月6日(月) 12時10分
眼に映るものがすべて映画のスクリーンの中にあるような、深い離人感の中にある時に、自分に届くものはこの人の音楽しかなかった、と言ったらロマンティックに過ぎるのかな?何故この人の音楽だけが、この無感覚の壁を通り抜けてくるんだろう?

名前:aiko 日付:10月6日(月) 12時38分
その日その日が逃げていかないようにしがみ

名前:aiko 日付:10月6日(月) 18時45分
タイクツカラ

タイクツからタイクツから未来はつくられる
ヒマとゆうコトバはヒマラヤがルーツで
だからヒマすぎるとムヤミにムチャがしたくなる
登ったコトのない山に さそわれてく

ひとりに飽きて 2人になって 2人に飽きて 3人になって
タイクツがぼくのスイッチを押す 次々新しい場所へ
それでもヒマなら逆戻りして まだまだダメならゼロへ

これからもいくらでも
タイクツがあるかぎり
そこらじゅう
生きてた印が残される

名前:aiko 日付:10月6日(月) 19時44分
何もなさすぎてぼくは変わってく
色のない毎日を
汚しにゆく

名前:aiko 日付:10月6日(月) 22時56分
外の世界は狭い。豊かなものなんて何もない。なんにも見えない。
ぼくは外の世界に関心を持たない。外の世界はぼくに関心を持たない。
仲が悪い。
長い間、自分がどれほど精神的に貧しい生活をしていたか。
目に見えないものの存在を無視していたか。
内だとか外だとかいう話をする時に、それらの言葉を「家の内」だとか「家の外」程度にしか理解していない人間とは、この話をすることは出来ない。「物理的」には「内側」でも、そこが「外側」になりうる、ということを知らない人間は、俺に対して「内向的なのはいかん」とか、「外に出ろ」とか言う権利はない。「内側」だとか、「外側」だとか言うのはすべて頭の中の出来事だ。一人で部屋の天井を眺めているだけで、それは「世界」を見ていることにもなりうる。「それ」を見て自分の感覚が、想像がどう動かされるか。そういうことに興味があるのであって、俺はそもそも定義の曖昧とした「内側」だとか「外側」だとか言う言葉にはまったく興味がない。ましてや、それを物理的、空間的な意味に限るなぞ。部屋の中にいるのは「クラい」。外に出かけているのがいかしていてかっこいい?中学生でもそんなことは言わない。ぼくはもう何ヶ月も物理的に、空間的に「外側」、(つまり世間一般で言う「外側」)で多くの時間を過ごしてきたけれど、「世界」なんて、なんにも見えなかったですよ。想像なんて、感覚なんて、まったく機能しなかったですよ。これが外の世界というものなんですか?考えることすらしていなかったから、出来なかったから、内の世界だとも感じなかったですよ。

あるときですね、部屋の柱の木目を見ていたら、「世界だ」と思いましたよ。外の世界だと思いましたよ。俺に対して「外に出ろ」とか言っている人間は、「内側」だとか、「外側」だとか、「世界」というものについて理解しているつもりなんでしょうかね?誰もいないんじゃないですか?そんなことが理解できている奴なんて。そういうことを垣間見ることが出来たらですね、人は音楽を作ったり、絵を描いたり、小説を書いたり、映画を撮ったりするんですよ。

世界がどこにあるかなんて、誰に判るんですか?

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<08.10月7日(火)~10月8日(水) | TOP | 08.10月1日(水)~10月5日(日) >>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/62-afb3ee85

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。