--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/31 (Wed) 09.1月24日(土)~1月25日(日)

名前:aiko 日付:1月24日(土) 3時12分
さて…俺が夜、死ぬような気分で眠りにつこうとしているのには原因があるのだろうか?結局は俺自身の希望による復讐なのではないか。俺は何かを望んでいる?何を望んでいる?

名前:aiko 日付:1月24日(土) 12時43分
俺は目標を設定して自分をそれに向かわせていくということに対して抵抗を感じていたけど、その時その時の直感に基づくなんてのは結局自分を欺くことにしかならないことに気が付いた。そっちの方が自然な生き方だと思ってたんだな。目標を設定して努力することは生き方として不自然だと感じていたんだな。

名前:aiko 日付:1月24日(土) 13時27分
馬鹿みたいな響きだが、俺は「努力していないことに耐えられない」のではないか。お楽しみで何かをやるというのは自分にとって何の手応えも感じない。

名前:aiko 日付:1月24日(土) 15時11分
「トンガリくん」が面白い。
http://www.open-art.tv/special/keppek.html

名前:aiko 日付:1月24日(土) 15時17分
このアニメに影響受けてるらしい。
http://jp.youtube.com/watch?v=J6UgzNJfpfA

名前:aiko 日付:1月24日(土) 20時28分
どうやら俺がいまいちばん望んでいることは、学校を卒業することであるらしい。というのも、学校を卒業することに繋がること(試験の勉強や授業の予復習、授業の出席)をしている時が、いちばん生きているという実感が感じられ、不自然な所がなくなることからそう考えるのだ。逆にそこから逃げていると、世界に色がなくなり、死にそうになる。

名前:aiko 日付:1月24日(土) 21時5分
誰かが俺の首を絞めて殺そうとした所で、俺は抵抗するだけの気力を持っているのかな?

名前:aiko 日付:1月25日(日) 0時15分
言葉で規定する前から世界はあるし、言葉で規定しなくても世界はありつづけるのだ。それだけー。

名前:aiko 日付:1月25日(日) 1時48分
育ってゆく

名前:aiko 日付:1月25日(日) 2時0分
自分の中で人間が育ってゆく。自分の中で、彼女が人間としての実在を取り戻す。彼女が呼吸をしていること。それを感じられることで痛みも覚える。彼女が生きていること。それは不合理のことのように思える。彼女がこの五分間を生きている。そのことで俺はどれだけのものを失っているんだろう?彼女が何らかの目的性、つまり意志を持っていること。彼女が生き続けていること。自分が生きているのは彼女と同じ世界であるということ。この服には彼女の意志が反映されているということ。彼女が生きていることがしるしとして自分のすぐそばにあるということ

名前:aiko 日付:1月25日(日) 12時54分
俺が音楽家として目指しているものに、大友良英がいちばん近いような気もする。

名前:aiko 日付:1月25日(日) 14時59分
死ね!!!

名前:aiko 日付:1月25日(日) 15時1分
意味 人間 存在 関係 実体

名前:aiko 日付:1月25日(日) 15時12分
ああかっこいい この人たち生きてる 怖い だってこの人たち生きてる 生きてるのがかっこいい 俺は生きていたことなんてあったのか 生きていることがかっこいい なんで俺は生きてないの

名前:aiko 日付:1月25日(日) 15時17分
「これ」が音楽の「力」だ。以前にこの力を感じたのは十月の始めが最後だったように思う。この「音楽の力」以外に俺が求めているものは何もない。これ以外はみんな人生に無関係だ。嘘だ。ほんとうのことを感じていたい。あまりにも、嘘、自分の人生と関係のない時間を過ごしすぎた。嘘でないもの、それは限られたものの中にしかない。それを見ないで死ぬことは簡単だ。それを見ないでいることは死んでいることと同じだ。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<09.1月25日(日)~1月31日(土) | TOP | 09.1月21日(水)~1月22日(木)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://blue1528.blog6.fc2.com/tb.php/98-fbf47f9f

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。